「サンダーLOVE」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(+{{クソ}})
13行目: 13行目:
 
# ダイヴしたドラミがステージに這い上がる。この姿は格好悪いので、カメラでは映さないようにする。
 
# ダイヴしたドラミがステージに這い上がる。この姿は格好悪いので、カメラでは映さないようにする。
 
# 歌の続きを歌う。満足してもう帰ろうとする観客も。
 
# 歌の続きを歌う。満足してもう帰ろうとする観客も。
  +
{{-}}
 
  +
{{クソ}}
 
{{DEFAULTSORT:さんたあらふ}}
 
{{DEFAULTSORT:さんたあらふ}}
 
[[Category:ドラえもん]]
 
[[Category:ドラえもん]]

2009年12月23日 (水) 22:41時点における版

サンダーLOVE 01.jpg

サンダーLOVE』とは、ドラミの持ち歌、およびその歌の最中に見せるポーズ。

概要

ミュージシャンであるドラミの最大のヒット曲で、300万枚をセールスした。最大の盛り上がりを見せる場面は曲の冒頭で、早くも感極まったドラミが観客席にダイヴする。ファンはダイヴするドラミを受け止めようとするため、コンサート会場の最前列は常にプラチナチケットで、ファン同士の凄まじい争奪戦が繰り広げられる。

コンサートの流れ

  1. 会場が暗くなる。
  2. ダダッタッタタッとミュージックが流れ、スポットライトが当たったドラミが登場。
  3. 歌はもちろん!『サンダーLOVE』!!
  4. 満を持してドラミが観客席に向けてダッシュする。
  5. サンダーLOVE!!
  6. ダイヴしたドラミがステージに這い上がる。この姿は格好悪いので、カメラでは映さないようにする。
  7. 歌の続きを歌う。満足してもう帰ろうとする観客も。


Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。