「暖冬」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(新しいページ: ''''暖冬'''(だんとう)とは平年よりも気温が高いのことである。 ==発生メカニズム== 諸説あるが、代表的なものを述べる。 *[...')
 
(追加)
6行目: 6行目:
 
*国政選挙が行われると、[[又吉イヱス]]によって、現在の政府支持者をはじめとして又吉を支持しない者がすべて地獄の業火の中に投げ込まれる。これは日本国内において相当な規模の火炎になることが予想され、これによって広範囲で気温上昇が発生すると考えられている。
 
*国政選挙が行われると、[[又吉イヱス]]によって、現在の政府支持者をはじめとして又吉を支持しない者がすべて地獄の業火の中に投げ込まれる。これは日本国内において相当な規模の火炎になることが予想され、これによって広範囲で気温上昇が発生すると考えられている。
 
*[[拝火教]]の祭典によって日本各地で大規模なかがり火が焚かれ、それが熱風となって広範囲で気温上昇を引き起こすと考えられている。
 
*[[拝火教]]の祭典によって日本各地で大規模なかがり火が焚かれ、それが熱風となって広範囲で気温上昇を引き起こすと考えられている。
  +
*[[冬休み]]で暇になった学生の[[オタク]]たちが活動を活発化させるため、その熱気により大都市を中心として気温が上がると考えられている。
 
*[[12月24日]]と[[2月14日]]については別のメカニズムが働いているようだが、詳しいことは不明。街の喧騒を逃れて仮定で[[2ちゃんねる]]を楽しむ人が増え、[[パソコン]]という発熱体が全国でフル稼働しているためだという説が存在する。
 
*[[12月24日]]と[[2月14日]]については別のメカニズムが働いているようだが、詳しいことは不明。街の喧騒を逃れて仮定で[[2ちゃんねる]]を楽しむ人が増え、[[パソコン]]という発熱体が全国でフル稼働しているためだという説が存在する。
   

2007年2月1日 (木) 16:40時点における版

暖冬(だんとう)とは平年よりも気温が高いのことである。

発生メカニズム

諸説あるが、代表的なものを述べる。

  • 柳田理科雄によれば、東京湾に上陸するゴジラが発散する体温、および彼が撒き散らす火炎によって、関東地方を中心に相当量の熱上昇が引き起こされるという。とくに体温はゴジラの持続的な熱源となり、数時間から数日間にわたって気温を上昇させる。この熱が関東平野に滞留し、その年は暖冬となる可能性がある。
  • 国政選挙が行われると、又吉イヱスによって、現在の政府支持者をはじめとして又吉を支持しない者がすべて地獄の業火の中に投げ込まれる。これは日本国内において相当な規模の火炎になることが予想され、これによって広範囲で気温上昇が発生すると考えられている。
  • 拝火教の祭典によって日本各地で大規模なかがり火が焚かれ、それが熱風となって広範囲で気温上昇を引き起こすと考えられている。
  • 冬休みで暇になった学生のオタクたちが活動を活発化させるため、その熱気により大都市を中心として気温が上がると考えられている。
  • 12月24日2月14日については別のメカニズムが働いているようだが、詳しいことは不明。街の喧騒を逃れて仮定で2ちゃんねるを楽しむ人が増え、パソコンという発熱体が全国でフル稼働しているためだという説が存在する。

メリット

が積もらないため、スキー場のオープンが遅くなり、場合によっては年末年始にスキーをすることができなくなる。白馬ニセコに訪れるスキー客が減ってしまう。当然、そこまでの道路渋滞も緩和されることになる。渋滞中にエンストを起こしたと言われてJAFが出動する機会も減り、JAFのレスキュー隊員は静かに正月を過ごすことができるのである。

デメリット

暖冬が発生すると、ホームレスの人々が(ワンカップ大関)を飲んで温まる必要がなくなる。そのためホームレスの無駄な出費が抑えられ、これが再就職などの社会復帰に向けた資金につながる。この資金はハローワークや人材センターへの交通費、就職情報誌の購入代金に充てられる。そのためリクルート社は収益が上がり、賄賂にまわすお金が生まれてしまう。そして政界を揺るがしたリクルート事件が起こってしまったのだ。

生態への影響

生態への影響も無視できない。ペンギン村に産卵に来たペンザラシが、卵を産んだものの暑すぎて、卵を置いたままオーサム地方へ引き返さなければならなくなってしまう。

参考文献

  • 鳥山明『ドクタースランプ12巻』、集英社
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「暖冬」の項目を執筆しています。