「机」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1行目: 1行目:
'''机'''(つくえ、机)は、娯楽室や遊園地にあって、その上で戦隊ショーやコーヒーカップなどが行われる遊具の一種である。古くは、茶番をする脚の付いた台の意味に使われることが多く、ちゃぶ台返しなどが広く行われていた。机の語源は中国語で「チョウ」と言う言葉がシルクロードを通って「ツエン」そしてオランダとの貿易の際に「つくえ」として伝わった。
+
'''机'''(つくえ、机)は、娯楽室や遊園地にあって、その上で戦隊ショーやコーヒーカップなどが行われる遊具の一種である。古くは、茶番をする脚の付いた台の意味に使われることが多く、ちゃぶ台返しなどが広く行われていた。机の語源は中国語で「チェークエ」と言う言葉がシルクロードを通って「チュークェ」そしてオランダとの貿易の際に貿易商のツクエル氏の名前を勘違いして「つくえ」として伝わった。
   
 
どんなものでも食ってしまう[[中国人]]も、机だけはなぜか食わないという。
 
どんなものでも食ってしまう[[中国人]]も、机だけはなぜか食わないという。

2007年4月20日 (金) 17:45時点における版

(つくえ、机)は、娯楽室や遊園地にあって、その上で戦隊ショーやコーヒーカップなどが行われる遊具の一種である。古くは、茶番をする脚の付いた台の意味に使われることが多く、ちゃぶ台返しなどが広く行われていた。机の語源は中国語で「チェークエ」と言う言葉がシルクロードを通って「チュークェ」そしてオランダとの貿易の際に貿易商のツクエル氏の名前を勘違いして「つくえ」として伝わった。

どんなものでも食ってしまう中国人も、机だけはなぜか食わないという。

概要

机は、しばしばその上で足やあるいはしりなどを乗っけて遊んだり、コーヒーカップをまわしたり、ひっくり返したりされるのが本来の用途である。しかし最近はシャーペンの芯で突っついたり押し付けたりする不届き者の為に、仕事や事務所で使われる。このような机を聞こえよく、学習机と呼んでいる。

机の使い方

  • 戦隊ショー
  • ダンス
  • コーヒーカップ
  • ちゃぶ台返し

種類

用途と目的によって、さまざまな種類の机がある。学校の机で子供はその使い方を学ぶ。ターンテーブルは中央が回るため日本在住(特に横浜)の中国人が愛用している。キャラクターがプリントされているものは子供に人気で照明が付けられているものもある。(しかし最近では、シャーペンや鉛筆で机をつつくために照明が使われる。)

学校の机

学校の机の場合乗ると起こられる。シャーペンで突っつく授業が豊富に用意されているため、近年の机の使用用法の悪化が進んでしまっている。義務教育の見直しが必要である。学校の机は非常に安っぽい作りであることが粗末な使い方につながったとされる。

関連項目


この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)