「横槍を入れる」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1行目: 1行目:
 
'''横槍を入れる'''(よこやりをいれる)とは、古来の戦闘において最も有効と言われた攻撃手段である。
 
'''横槍を入れる'''(よこやりをいれる)とは、古来の戦闘において最も有効と言われた攻撃手段である。
{{ウィキペディア無し}}
 
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
 
中世以前の戦闘において、[[槍]]は最も優れた武器だと言ってよい{{要出典}}。[[剣]]や[[刀]]、あるいは弓矢といった[[武器]]は、使用するのにもそれなりの熟練を要する。それに対して槍は短時間の訓練で素人にも容易に使いこなす事ができた。
 
中世以前の戦闘において、[[槍]]は最も優れた武器だと言ってよい{{要出典}}。[[剣]]や[[刀]]、あるいは弓矢といった[[武器]]は、使用するのにもそれなりの熟練を要する。それに対して槍は短時間の訓練で素人にも容易に使いこなす事ができた。
36行目: 35行目:
 
現代においても、'''横槍を入れる'''のは最重要の戦術である。ごく近年に開発された[[ステルス]]戦闘機も、レーダーに映らない事により、敵側面を奇襲攻撃するのが、最大の目的である。
 
現代においても、'''横槍を入れる'''のは最重要の戦術である。ごく近年に開発された[[ステルス]]戦闘機も、レーダーに映らない事により、敵側面を奇襲攻撃するのが、最大の目的である。
 
:[[Image:yokoyari.png|270px]]<span style="font-size:300%;">嘘つけ!</span>
 
:[[Image:yokoyari.png|270px]]<span style="font-size:300%;">嘘つけ!</span>
  +
  +
  +
  +
<div class="noprint" style="clear:right; border:1px solid #aaa; margin:0 0 1em 1em; font-size:small; line-height:125%; background:#f9f9f9; width:250px; padding:4px; spacing:0px; text-align:left; float:left">
  +
<div style="float:left"><span class="plainlinks">[[Image:ウィキペディア無し_small.png|45px|Wikipedia]]</span></div>
  +
<div style="margin-left:60px">'''[[ウィキペディア]]'''の専門家気取りたちも「'''[{{fullurl:wikipedia:{{{1|{{FULLPAGENAME}}}}}|action=edit}}<span title="お願い。可哀想だから作ってあげて。">{{{1|{{PAGENAME}}}}}</span>]'''」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。</div>
  +
</div><includeonly>[[Category:ウィキペディアに無い項目]]</includeonly><noinclude>{{-}}
  +
:[[Image:yokoyari.png|90px]]誇り?ウィキペディアの連中が立てないような馬鹿記事を書いただけだ!
   
 
{{スタブ (アドルフ・ヒトラー)}}
 
{{スタブ (アドルフ・ヒトラー)}}

2011年1月11日 (火) 19:59時点における版

横槍を入れる(よこやりをいれる)とは、古来の戦闘において最も有効と言われた攻撃手段である。

概要

中世以前の戦闘において、は最も優れた武器だと言ってよい[要出典]、あるいは弓矢といった武器は、使用するのにもそれなりの熟練を要する。それに対して槍は短時間の訓練で素人にも容易に使いこなす事ができた。

Yokoyari.pngだから要出典って言っているだろうが!出典を示せや!

また、屋内戦闘においても、槍は最も有効な武器である。剣や刀は振りかざせば天井にぶつかるし、弓矢を使う事は極めて困難である。

Yokoyari.pngそうか?時代劇で屋敷の中で戦うのに、槍を使うなんてあんまし見ないぞ。

その槍の最も効果的な使用法が横槍を入れる事である。正面からの攻撃では相手も容易に防御できるが、横からの攻撃では多くの場合攻撃されたものは不意を突かれる事になる。

起源

横槍を入れる戦法を最初に見いだしたのは、記録に残る所では古代ギリシア・テーバイの将軍・エパメイノンダスが最初である。

従来の槍を持った歩兵どうしの戦闘では、互いに隊列をほぼ横一直線、かつ平行にとって、正面からぶつかるのが常道であった。これに対してエパメイノンダスは斜線陣という新しい陣形を生み出した。これは文字通り陣形を斜めに取るもので、精鋭部隊を左側に排して、敵を側面から槍で突いて攻撃するというものである。もちろん左側にあまりに兵力を集中しすぎると、逆に敵から右側面から攻撃を受け、陣形が崩壊しかねないため、配置のバランスと攻撃のタイミングの取り方が極めて重要となる。

Yokoyari.pngあのね、エパメイノンダスの斜線陣は、当時の兵士は右手に槍を持って左手に盾を持っている事と関係するんであって、単純に側面から攻撃するもんではないんだが。

また、カルタゴの将軍・ハンニバルがカンナエの戦いで用いた包囲戦術も、広い意味で横槍を入れるものである。この戦いでハンニバルは、ガリア歩兵がローマ歩兵の突撃を受けている間に、ローマ歩兵の両側面からカルタゴ歩兵に突撃させた。カルタゴ歩兵によって横槍を入れられたローマ軍はパニックに陥り、ハンニバルは勝利をものにした。

Yokoyari.pngローマ軍の背後に回り込んだ騎兵の存在は無視ですか?正面と両側面だけでは包囲にならないんですけど。

その後

近世以降、の登場によって槍の戦術的価値は低下し、文字通りの意味での横槍を入れる戦術は下火となった。しかしながら広い意味においては、現在に至るまで横槍を入れる戦術は有効である[要出典]

全ての歩兵に銃が行き渡る時代になっても、まだ歩兵による突撃は有効な手段であった。そのために生まれた銃剣は実質上、槍と同じ役目を担ったと言って良い。歩兵どうしの戦闘の最後の決着をつけるのは、近代に至るまで歩兵による白兵突撃であった。その際、正面から突撃するのは無謀な行為であるとされ、側面から不意を突く形での奇襲は非常に有効な戦術であった。

Yokoyari.pngいくら何でも無理あり過ぎ!

この戦術を特に洗練させたのは、ドイツ軍である。第一次世界大戦における塹壕戦は、側面からの攻撃を事実上不可能とし、まさしく横槍を入れる事を不可能とし、戦局は膠着した。しかしドイツ軍は「浸透戦術」を編み出し、砲撃と同時に歩兵が敵陣に突入して、その状態から敵兵を側面攻撃によって蹴散らすという方法で、横槍を入れる事を可能としたのである。

Yokoyari.png浸透戦術を編み出したのは、ロシア軍の将軍・ブルシロフですが?

さらに第二次世界大戦に広く普及した戦車も、広い意味で横槍を入れるための兵器である。歩兵とは比較にならない高速によって、敵の側面に回り込んで攻撃する事を可能とした。これはハインツ・グデーリアンによって確立した戦術であり、電撃戦と呼ばれた。

Yokoyari.pngおいおい、全然解釈が違うだろ!

戦車が有効な兵器となると、それに対抗する手段も講じられる。戦車は正面には厚い装甲を有しているが、全面を装甲で覆う事はさすがに不可能であり、側面の装甲は薄い。そこで航空機によって戦車の弱点を突く方法が生み出された。特に有名なのは急降下爆撃で名を馳せたハンス・ウルリッヒ・ルーデルである。空の魔王とされる彼の活躍は、まさに戦車に対して横槍を入れるものだったのだ。

Yokoyari.png上面と背面は無視ですか?むしろ航空機による戦車の攻撃は、そっちのほうが重要。

現代においても、横槍を入れるのは最重要の戦術である。ごく近年に開発されたステルス戦闘機も、レーダーに映らない事により、敵側面を奇襲攻撃するのが、最大の目的である。

Yokoyari.png嘘つけ!


Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちも「横槍を入れる」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


Yokoyari.png誇り?ウィキペディアの連中が立てないような馬鹿記事を書いただけだ!


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
この横槍を入れるは、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)
Yokoyari.png何でヒトラーが出てくるんだ?関係ねえよ!
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Yokoyari.pngだから何?こんなテンプレ貼ったら、クソ記事書いても許されるとでも?