「皮肉屋」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(cat変更)
 
13行目: 13行目:
 
{{Q|皮と肉は、分けて売れよ。|売り物|顧客}}
 
{{Q|皮と肉は、分けて売れよ。|売り物|顧客}}
   
そこで、店主はポリシーを泣く泣く変えて、肉(ネギマ、つくね、モモ等)と皮は分けて売るようになった。
+
そこで、店主はポリシーを泣く泣く変えて、肉(ネギマ、[[つくね]]、モモ等)と皮は分けて売るようになった。
   
 
すると、不思議な位飛ぶように売れたという。'''皮肉なものです。'''
 
すると、不思議な位飛ぶように売れたという。'''皮肉なものです。'''

2017年10月14日 (土) 16:32時点における最新版

皮肉屋(ひにく-や)とは、元々は焼鳥屋の事である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「皮肉屋」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

「皮肉屋とは何ぞや。」
皮肉屋 について、オスカー・ワイルド

起源[編集]

昔、東京の下町には焼鳥屋が点在していた。

そんな中、味はいいがあまり売れなかった店「皮肉屋(読みは“ひにくや”)」があった。その店は皮と肉を挟んで焼いて売っていた。しかし、食感が江戸の人間にはあまり馴染ま無いようであった。

そんなとき、なんとか皮と肉とを挟んで売りたいが、売れ行きを憂いだ店主を見かねて、ある顧客が言った。

「皮と肉は、分けて売れよ。」
顧客 について、売り物

そこで、店主はポリシーを泣く泣く変えて、肉(ネギマ、つくね、モモ等)と皮は分けて売るようになった。

すると、不思議な位飛ぶように売れたという。皮肉なものです。

そんなわけで[編集]

転じて、物事が期待や予想と相違した結果になる事が「皮肉」の意味の一つとなり、皮肉屋とは、売れ行きがそういう状態になる店舗の俗称となった。

関連項目[編集]

ツンデレ ……見ての通り、この記事「 皮肉屋 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)