「秘書」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(新規投稿 拡張頼む。)
 
23行目: 23行目:
 
{{DEFAULTSORT:ひしよ}}
 
{{DEFAULTSORT:ひしよ}}
 
[[Category:成人向け]]
 
[[Category:成人向け]]
[[Category:人間]]
+
[[Category:職業]]

2008年1月28日 (月) 17:17時点における版

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

秘書(ひしょ)とは、タイトなスカートをはき、知的なメガネをかけ、男子のHな妄想をかき立てる職業に従事する女性を指す。

概要

通常は社長や重役、理事長、組合長などの要職に就く人物の補佐的業務(後述)を行う。服装はタイトスカートが義務付けられる他、白ブラウスのボタンは最低2つ以上開ける事が定められている。多くの場合、大学卒の中から面接を経て選抜されるが、稀に水商売から直接採用されるシンデレラストーリーも確認されている。この場合愛人を兼ねる事が採用条件になっているようだ。

業務内容

香水を付け、メガネをかける。
社長のスケジュールを管理し検閲により削除の時間を作る。
社長のぴーぴー検閲により削除する。
社長の机の下にもぐって、検閲により削除をする。この時ぴーは飲み込む。
若手社員とエレベーターで一緒になった場合、耳元で「うふ、がんばってるわね」とささやく。
椅子に座る場合は、頻繁に足を組み替える。

注意点

平社員及び一般管理職の諸君は、絶対に手出ししてはならない。たとえ向こうが誘ってきてもだ!
敵は君にこう言うだろう「お姉さんが食べてあげる」、「バレなきゃ大丈夫よ」、「あら私ってタイプじゃない?」などなど、我々の精神を乱す言葉を色香と共に・・・
どうだろう?君は我慢できるかい?

手が届く秘書

このように高嶺の花である秘書だが、映像アニメの中では我々の物である。もちろん妄想もだ。しかし映像で注意しなければならないのは、途中から見た場合女教師と区別がつきにくい事が挙げられる。また前見た時は確か秘書だったはずなのに、あれ?メイドになってらぁ。なんて事もあり得る。特にメガネに惚れている場合はメイド時にメガネ着用とは限らないため、より慎重にしたいものである。