軍縮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2009年12月2日 (水) 16:22時点におけるHresvelgr (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成: '''軍縮'''(ぐんしゅく)とは、'''軍'''人を萎'''縮'''させるほどの威圧感、オーラを具備する人物を意味する言葉である。 ==概要== 国...)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

軍縮(ぐんしゅく)とは、人を萎させるほどの威圧感、オーラを具備する人物を意味する言葉である。

概要

国家を運営するにおいて、軍人を抑圧できる軍縮の有無は、大変重要な要素である。もし、軍縮がいなければ、掣肘されることのない軍部は増長し、その台頭、独走を容認して国が軍国主義に傾斜することは明白だからだ。日本にも軍縮と呼ばれる人物は、いないことはなかった。例えば犬養毅などがその典型である。しかし、彼らは軍人を完全に萎縮させるには至らず、威圧を加えたところ、かえって反撥を惹起してしまい、凶弾に倒れたり、失脚したりして、イニシアチブを失っていったのだ。

大江健三郎は指摘する。軍人を抑圧できるほどのオーラを持った軍縮が昔の日本にいれば、日本は過ちを犯すことはなかった、と。じゃあ今の日本はそのような圧倒的威圧感を具備した「軍縮」がいるのかといったら、全然違う。今の日本はアメリカに飼い慣らされ、他方中国に頭を下げて追従する内にすっかり牙を抜かれて堕落してしまい、軍縮が萎縮させるべき「軍人」そのものが絶滅してしまった。軍人のいない世界で、軍縮が存在できる道理もなく、軍縮が存在しないばかりか、新たな軍縮が生まれる下地すらなくなってしまったのが、今の日本である。