$素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
$素(Dollium)
一般特性
名称, 記号, 番号 $素, Dl, 17
分類 準金属
族, 周期 17, 3
密度 不明 g/cm3
金色
原子特性
原子量 35.24 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

$素(どるそ,Dollium)とは原子番号17番のネオ元素。ネオ元素記号はDl

概要[編集]

$素は全世界いたるところにあるが、特にアメリカは世界の産出量の多くを占め、$素の最大の輸出国となっている。また、放射性同位体である37Diは朝鮮半島北部等に産出する。これに関してはスーパーノートという別名がある。また、とある国では通貨として使われていると言われている

また、同属元素との関係としては

  • 通常の環境において過剰の$素をタービンや原子炉に入れると電素に変換できる。
  • $素が過剰に不足した環境では質素が発生する。
  • $素がなくなっても$素を使用しようとすると反$素が生成される。反$素が蓄積されると差し押さえを食らうので注意。

等がある。

用途[編集]

適度な$素は痛みを和らげる鎮痛剤としての効用があり、様々な場所で使われているが、過剰な$素の摂取は、人々を興奮状態に貶め、幻覚を発生させる作用があるため($素中毒)、注意が必要である。特に最近はこの$素中毒患者が増加する傾向にあり、国も対策を急いでいる。$素はそれぞれの人に見合った摂取量があるのでその人相応の摂取量があり、個人差が極端に大きいことでも知られている。

近年は電子マネーが普及しているが、システム的にはミクロの$素原子の交換で成立している。

主な化合物[編集]

青磁化ドリウム(せいじかどりうむ) (MgCuDl3[編集]

滑銅化ドリウム(かつどうかどりうむ) (Cu3[Dl(OH)6]2[編集]

曹化ドリウム(そうかどりうむ) (NaDl(CO3)2[編集]

チョサクケン (C13H25Dl)[編集]

ジンケン (C14H25DlO・2H2O)[編集]

うんこドル (DlDu6Sc4Pz)[編集]

䵷本垂-B-パラニンアリウム(あほんだら-B-ぱらにんありうむ) (Ahigmandaraokwg2298/www184670)[編集]

この項目「$素」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)