Ω

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Ω(小文字:ω・オメガ)とは、ギリシャ文字の最後・24番目の字母であり、ギリシャ文字で唯一の象形文字である。

概要[編集]

もともと、ギリシャ文字αからψまでの23文字であったところに、あとになって追加された文字である。「オメガ」は既存のギリシャ文字23文字を用いて「ομεγα」と書け、新たに文字を追加する必要はなかったのだが、人を表す象形文字として追加されたという。 大文字の「Ω」は頭部を表し、小文字の「ω」は人のを表していた。

現在のギリシャ語では「Ω」「ω」を人を表す文字としては使用されることはなくなったが、世界史に興味を持つ日本のネットワーカーたちが、これらの文字を積極的に人を表す表現に用いている。

主な用法[編集]

なお、人の頭部を表す大文字の「Ω」は、まれにモブキャラクターを表す場合に用いられる程度であり、小文字の「ω」と違って余り多用されることはない。

誤用および誤解[編集]

初めに述べた通り、「Ω」「ω」を人を表す象形文字として作られた経緯があるが、日本ではなぜか小文字の「ω」をの鼻を表す文字として誤用される場合がある。

また、同じギリシャ文字の「λ」を歩く人に擬えた例も見られることと、大文字の「Λ」が漢字の「人」に酷似していることから、「Λ」も人を表す象形文字と思われているが、単に偶然漢字の「人」と形が似ているだけであり、象形文字として考案された文字ではない。

関連項目[編集]

この項目「Ω」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)