ありけり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ありけり」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ありけり(蟻蹴り)とは、昔の日本で遊ばれていたスポーツのひとつ。

ルール[編集]

単語は頻出するが、ほとんどルールに関する資料が無く、現在でもルールはよく分かっていない。 地面を歩いているを蹴飛ばし、どれだけ蹴飛ばせるかを競うスポーツだと思われる。

ルールは至って簡単で、誰にも遊びやすく、マンネリ化しにくいということが人気の要因だと思われる。 「竹取物語」では「今は昔、竹取りの翁というものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ~」との記述があるが、これは「年をとった爺さんでも、竹を取っている間に蟻蹴りを行う事ができる」ほど簡単だと説明されている。 また、毎回蟻の進路がバラバラで予測が困難であったことも、面白さに拍車を掛けたとされている。

歴史[編集]

平安初期の書物に「ありけり」という単語が頻出していることから、その頃には既にルールが確立しており、 身分を問わず多くの人々に支持されたスポーツであったことが伺える。

その後も人気は衰えず、明治時代初期まで続いたとされる。 明治以降では言文一致運動により、蟻蹴りはみるみるうちに廃れていき、書物にも「ありけり」の4文字が記されることは以前に比べ大きく減った。 競技人口はこの100年ほどで激減したものと推測される。

なお、今でもありけりが主に小説家たちによって遊ばれることがあるが、今の人にはあまり知られておらず、ニュースでも報道されることはまず無い。

関連項目[編集]