いっしょにとれーにんぐ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いっしょにとれーにんぐ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「いっしょにとれーにんぐ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「いっしょにとれーにんぐ」の記事を執筆しています。

いっしょにとれーにんぐとは、射精障害克服トレーニング教材DVDである。

概要[編集]

このような映像で視覚を惹き付け、筋トレへの興味を促す。

本作は近年、インドア派若年男性を中心として膣内射精障害が急増している事を危惧した厚生労働省により作成が指示されたアニメ作品。所謂OVAである。なお膣内射精障害とは床オナやアナニー等過激な手法やフルグリップでの手コキなどが原因で、挿入したままでの射精が行えなくなってしまう性機能障害を指す。挿入と摩擦で射精に至る経験がなかったり過剰な圧に慣れて[1]感覚が鈍麻するのが主なメカニズムだが、それらは一朝一夕で改善できるものではない。生活習慣自体の改善が必須である。しかし徐々に改善し少子化を食い止める抑止力になれば、ということでフィジカルからの改善を行うのが本作の役割である。

本作のシリーズ作品として、睡眠時に刷り込みを行う「いっしょにすりーぴんぐ」やソープでの脱童貞をスムーズに行わせる手引き「いっしょにとれーにんぐ026(おふろ)」もその後作成されている。

トレーニング内容[編集]

腹筋
まずは腰の筋力改善でピストン運動を行えるだけの余力を得るべく、腹部の筋力を鍛え上げる。
腹筋は射精括約筋とも密接に結び付いており、ここを鍛えることで射精力を引き上げ自然な射精を助け感度補助を行う。
腕立て伏せ
上腕の筋力を上げ、正常位での挿入時に不安定な姿勢でも体幹を乱さず姿勢を整えられるようにする。
また駅弁など上体の筋肉を駆使する体位を可能とする事で男としての自信を付け、メンタルも含めて性機能を高める。
スクワット
脚部特に太股や大臀筋を鍛え、全体的な体勢保持や積極的なプレイ参加を可能にする。
大臀筋周りは人体のなかでも筋肉量が多いので、ここをしっかりと鍛えると総合的な運動能力の向上が見込まれる。

これを主人公キャラクター「ひなこ」が薄着で行い、普段運動をしないオタク層の参加欲を高める映像となっている。また、脳内での射精カウントを行わせることでスムーズな射精ルーティンを築く為のカウントアップパートや、深夜に突然ムラムラした時用の特典映像も収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 一般女性の膣圧は、男性の握力には遠く及ばない。

関連項目[編集]