いつか

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ねぇ。あなたの言ういつか(何時か、SomeTime)って、一体いつの事なの?

  1. いつかはわかる!っていつか言ってたような・・・
  2. いつかその胸の中までも♪日本特産物のクラブに聞け!

いつか[編集]

いつもそうやって言い逃ればっかりして、結局加筆しないよね。思いつきで書き散らかすだけ散らかして、だったらサンドボックスチラシの裏にでも書けばよかったんじゃないの? 現にこの記事だって{{ICU}}貼り付けられたまんま、どうにかしようともしないよね。もう飽きちゃったの? え、どうしようもないって? 書いた本人がどうしようもないと思っている記事を、他の誰かが加筆できるとでも思っているの? まったく……せっかく自分で書いた記事なら、最後まで責任を持ちなさいよね……え、お前が加筆してくれているじゃないか、って? ちょっ……バカっ、べ、別にあんたの為とかじゃなくって、せっかく書かれたのに、心無いご主人さまに見捨てられたこの記事がかわいそうだと思っただけなんだからねっ! 勘違いしないでよね。ほら、あんたも何か書きなさいよ。私だけじゃ、ホラ……助け切れるかどうか、わからないじゃない? で、でも、あんたが嫌なら別に助けてくれなくてもいいんだけどね? 私がちょいと{{スタブ}}さえ貼り付けておけば、あんたなんかより頼もしくって心優しい王子様たちが、きっと助けてくれるんだから……いつか、必ず……できれば7日以内に……ねぇ。この子、どうしたら助けられるのかな……ぐしゅっ。

いっか[編集]

ま、いっか。別に記事が一つくらい削除されようがされまいが、別にアンサイクロペディアがどうなる訳でもなし(少しだけ重いのが解消されるかも知れないが)。そもそも、そんなに強い思い入れがあるでもなし、起稿した本人が別にどうでもいいって言うなら好きにすればいいさ。しかし、もったいないなぁ。NTR自由なICU記事だからこそWiki文法ネタの実験台として、これほど都合のいい材料もないのに。まぁ、それに気づくか気づかないか、その違いが後々アンサイクロペディアのおちょくり楽しみ方の広がりに、大きな差が出るんだけどなぁ……もったいない。実にもったいない。いつか気づくのかも知れないし、永遠に気づかないままかも知れないが、まぁ、いっか。

いつかの話だから。いつかは分かるんだよ。[編集]

この記事の内容はいつかわかる日が来るし、今あせらなくてもいつかわかる日が来るのであせらずにいつかその日まで待ちましょう。いつかがいつ来るのかってそんな話は機会があればいつかしたいと思います。ちなみに未来いつかは違います。未来は待ち受けていますが、いつかいつか来るからいつかなんです。だから、いつかいつか来る時なんて誰も気にしない。だっていつかは来るから。いつかを追いかける旅人のようなもの。♪きっといつかは君も出会うさ青い小鳥に~。だから、いつかあなたにとってのいつかがやってくることをは願います。そしてこの文章がいつか世界のみなさんにわかる日をいつかわかりませんが待ちましょう。。。でも、この記事がいつか削除されるかもしれないので、いつかまた誰か、もっと編集して下さい。私がいつか精進してまたやって来ますから。それもいつかは分かりませんが。以上。

結論[編集]

いつかなんて、結局は永遠に来ないから「いつか」なのであり、しょせん問題を先送りにしたいがための方便に過ぎないのである。そして、この記事もいつかに頼ったいつかわかる記事なのである。

ちなみに、日本全国各地に存在する「ナントカ五日市(-いつかいち)」という地名は、そこで「いつか」(いち、コミケのようなもの)が立つかも知れない、立って欲しいな、立ってくれたら便利だな……できれば五日以内に。という願望が込められており、それにより「いつか」という時間指定の定義は

  1. 五日以内には実現されるであろうもの
  2. 五日以内に実現される事は決してないであろうもの

の二つに分類されるとする説もあるが、やはり結局のところ、それがいつなのかはわからないため、どうせ同じことなのである。

それでは皆さん、またいつかお会いしましょう。さようなら。

関連項目[編集]