いないいないばあ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いないいないばあ」の項目を執筆しています。

いないいないばあとは、日本に古くから伝わる伝承・民間信仰の一つ。一般には乳幼児向けの遊びの名前として知られている。また、この伝承に関連するとされるNHKの番組もある(NHKの番組「いないいないばあっ!」の項目を参照)。

いないいないばあの由来と歴史[編集]

いないいない……

「いないいないばあ」の由来については古今東西様々な説があるが、最も有力な説は検閲により削除によって意図的に抑えられている。それはすなわち、「ばあ」とは古語・方言の「ばば」(原義は「便」のこと)が転じたものであり、つまり「いないいないばあ」とは「いない、いないと捜していたら、(大)便となって見つかった」というところから来ているという説である。

これは中国地方の山地を中心に広まっているある伝承との関連性が指摘されている。それは、大まかに言えば「2年~数年に一度、からオホオカミ(大雄神、または巨大な野犬の鬼神)が降りてきて、人間のいけにえを要求する。人間が黙っていると、知らない間に子供1人がいけにえとしてさらわれ、その後しばらくは人々の幸福が約束される」というものである。

これらの伝承は明治以降、迷信として排斥されたが、それ以後も伝承を信じる人々や村々は各地に存在し、大雄神をひそかに祀ってきた。しかしオホオカミの名前を出せば政府による監視・弾圧の対象となるため、あえて「いないいないばあ様」と呼んでその正体を隠すことを行った。その後も信仰は受け継がれたが高度成長期以降は次第に廃れ、現在では山間部の集落にその痕跡が伝わるのみ、とされる。だが実際には、むしろ大雄神信仰の伝わる地域間に緩やかなネットワークが形成され、その活動は一般社会から見えにくくなった分却って強固なものとなったと主張する宗教学者もいる。

あそびとしての「いないいないばあ」[編集]

よく知られている通りなので内容については省略する。この遊びの意味合いについては、本来は大雄神の出没する地域において子供たちにその存在に慣れさせ、実際に大雄神の犠牲となる運命に遭っても怖がらず従うようにさせるための情操教育であったと考えられているが、現在ではその原形は失われている。

NHKの番組「いないいないばあっ!」[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いないいないばあっ!」の項目を執筆しています。

1996年からNHKで放送されている番組「いないいないばあっ!」は、近年の子供の人権を尊重すべきという世の風潮に不満を持つ保守層・老年層の圧力によって作られた、子守りをはじめとする児童労働を奨励する番組であるが、この番組の立ち上げに際して大雄神信仰の影響が指摘されている。番組には「ワンワン」(CV:チョー)と呼ばれる異形の(頭部・目が異常に大きく体躯が短く、二足歩行を行う)の着ぐるみのキャラクターが登場するが、これこそが「大雄神」の化身であるとするものである。実際、一部地域に伝わる大雄神の姿は、縦長の目が横に並び輪郭は草履型で、顔の正面から見たときには口が見えないが、人間の子供を食するときには顎の下のところから持ち上がるように巨大な口が開き、子供を丸呑みにするものとして伝わっている。

 この指摘を後押しするもう一つの証左が、番組において児童労働の象徴として登場する「お姉さん」の少女が数年毎に不定期に交代するという慣習である。これがすなわち生贄として大雄神に献上される子供である、とする意見は研究者の間に根強い。また、一部地域では「いないいないばあっ!の女の子は、交代すると同時にワンワンに食べられる」という都市伝説が伝わっているが、この伝説の伝播地域は不思議にもかつて大雄神信仰が強かったとされる地域と重なっている。 実は声優のチョー(俳優)|チョー安倍の犬である。

関連項目[編集]