うる覚え

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

うる覚え(-おぼ-)とは、えーと、覚えてないこと…じゃなくてーちょっとしか覚えてない事…だっけ?だいたい、「うる覚え」だったかな?

概要を書きたいんだけど、新しい節を作るWiki文法って何だっけ? こうだったかな

---概要---

やってみよう、

---概要---

違うなぁ…HTMLでかこう。こうだっけ?

<h>概要</h>

<h>概要</h>

あれー?違うなぁ?こうかなぁ

==概要

やってみよう

==概要


出来ないなぁ…













概要[編集]

人が脳から記憶を引き出す方法は三つある。すなわち、「五感への刺激」や「過去と同じ状況の発生」によって反射的に思い出す受動的想起と、「思い出そう」と意識して思い出す能動的想起と、あともうひとつあったはずだが思い出せない。記憶とは、人間の意識ではなく個々人の脳の働きによって不随意的に整理されていくものであって、「人間が理性をもって形成していくもの」と定義づけてはならない。したがって、人間が自身の記憶に責任をもつなどということは不可能である。人が脳から記憶を引き出す方法は四つある。すなわち、「五感への刺激」や「過去と同じ状況の発生」によって反射的に思い出す不随意的想起と、「思い出そう」と意識して思い出す随意的想起と、あと二つは忘れたが、もしかしたら二つだけでよかったのかもしれない。不随意的想起の場合、一般的に責任は阻却される。なぜならば、非現実であるの中においても五感への刺激はありうるからである。現実において夢の中と同様な刺激があった場合に、夢における記憶が呼び起こされてしまうことも少なくない。当然ながら、夢の中の記憶が現実世界の解答用紙供述調書などと結びついてしまうのはまかりならないであろう。必ずしも社会は夢に従属しないのだ。しかし、能動的想起に関してはそうはいかない。社会は、人が能動的に発生させるものについて極めてシビアな評価基準をもっているものである。

20世紀半ば頃、ボーイング[1]や株式会社丸紅がいろいろ事件を起こした。当時の総理大臣・田中角栄と同様に逮捕された小佐野健治[2]は、事件に関する証人喚問において一貫して口を閉ざす。このとき連発し、これ以降の政界における常套句となったのが「記憶にはありません」である。人が記憶を引き出す方法は一つしかない。すなわち、脊髄反射的に思い出す想起と、意識して「思い出そう」という喚起である。失礼した、やはり二つだった。「記憶にはない」という言葉はすなわち「記憶は人為的に作るものではない」というスタンスを主張し、自身に対する責任追及を回避する意図がある。「いろいろと記憶を喚起してみたけれど、何一つ蘇らなかった、あるいは初めから無かった」という、「記憶の性質」に則した至極真っ当な論理であるといえなくもない。しかし「仕掛人」と呼ばれるほど知能的な人間が急に記憶を失えば、「記憶喪失」「心神喪失」などと病状を気遣われるものである。世論は、社会に深く関係した事柄であるほど、その事件に関与した人間の記憶が無いという状態を認めようとはしないのだ。





あれー?この記事思いついた時はもっと面白いと思ったのに…こんな記事だったっけ?

それと脚註が何か変な所に表示されているぞ。うーん、どうやってやるんだっけ?

あー、とんでもないクソ記事書いてしまったよ! よし、誰かに加筆してもらおう!

ええと、加筆してもらうためのテンプレは…これかなあ?


Template:スタブ (うろおぼえ)

あれ?これだと思ったのに表示されない?おかしいなあ…

ええと、これだっけ?

ひよこ陛下
秀逸な記事
この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

あれ? こんなテンプレ貼ってしまった…。クソ記事に貼るテンプレは何だったっけ? 思い出せない…

関連項目[編集]

  • 記憶喪失 - まあ関連項目というよりネタ被りなんだけど、ネタ被りのテンプレ忘れちゃったから、これで勘弁して。
  • ^ あるいはマクドネル・ダグラスだったかもしれない。
  • ^ もしかしたら「健児」だったかもしれない。