えれくとりっく・えんじぇぅ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「えれくとりっく・えんじぇぅ」の項目を執筆してくれています。

エレクトリック・エンジェルElectric Angel)とはヤスオP氏によって開発されたコンピュータウイルスの一種である。クリプトン・フューチャー・メディア社のDTMソフト(ボーカロイド)である初音ミクに寄生し、ユーザーに害悪を与える様々な障害を巻き起こす。日本では一般的に英語ネイティブの発音に近い「えれくとりっく・えんじぇぅ」と呼称されることが多い。

概要[編集]

こんなウイルス

特徴[編集]

このプログラムは初音ミクの「歌うのが好き」というプログラム上に寄生する。動画ファイルやMP3ファイル内から進入したプログラムは、感染初期においてはシンセサイザー内でおとなしくしているが、徐々にハードディスク内の開き場所にミクの擬似人格的なプログラムを構築しだす。この擬似人格プログラムは0と1しかわからないミクにユーザーに対する愛(それも極めて執念深く盲目的な)を与えてしまい、ユーザーに初音ミクを意識させるように様々な行動を起こし始める。この人格は一人じゃ何も作れないはずの初音ミクの機能を拡張していくと同時に、ユーザーがミクを起動するだけで心が震えてさらに悪さをエスカレートさせていく(たとえばコンピュータを起動する際に「ミクの声が好きだから」と入力しないと起動しないようになるなど)。最終的には肥大化したミクの深層意識がプロセッサ(演算装置)内の量子の風を狂わせてコンピュータを機械的・物理的に揺さぶって破壊する。文字通り死を呼ぶ電気の天使としてDTM愛好家から恐れられている。

このウイルスは初音ミクにしか感染しない。鏡音レン鏡音リンがくっぽいど巡音ルカなど初音ミクと同じ第二世代ボーカロイド( VOCALOID2)、MEIKO・KAITOを始めとする第一世代ボーカロイド、ディレイラマのような他種のボーカルシンセサイザーなどにはいずれも基本的に感染せず(ごく稀に感染させた例もあるが、検索するのが面倒なほど稀である)初音ミクにのみ感染する。ただし発症することはないが、他のウイルスを仕込んだDTMソフトやその楽曲から初音ミクに感染させることは可能である。

コンピュータにおいては以上のとおりであり、コンピュータウイルスはプログラムでありウイルスではないため人間には感染することはないが、このウイルスはコンピュータ上ではなく生身の人間に対しての悪影響も一部において確認されており、「歌ってみた」「歌わせてみた」として影響を受けた人間がアップロードを繰り返し、原曲検索の面倒さを増やす事がある。

動画サイトによる感染拡大[編集]

このプログラムの極めて特殊な点は感染したサイトからのMp3ファイルや動画ファイルのダウンロードのみならず、動画サイトを視聴するだけで感染する恐れがあるという点である。一般的なウイルスプログラムを動画に仕込んだとしても、動画サイトにアップロードされた動画はアップロード時のチェックなどによるウイルス駆除を行われ、また視聴するだけではウイルスを感染することがまず無い。しかしエレクトリック・エンジェルはこの網を簡単に潜り抜けてしまい、視聴者のコンピュータに侵入を行える。

日本においては2007年10月ニコニコ動画においてウイルスが仕込まれた動画が公表され、感染を広める一因になった。またこの後、YouTubeなどにも広まっている。

対策[編集]

予防的対策[編集]

クリプトン・フューチャー・メディア社のパッチを当てた初音ミク

多くのウイルス対策のご他聞にもれず、このウイルスも予防する事が最も重要である。

  • 初音ミクをインストールしない

このウイルスの特性上、初音ミクをインストールしていないコンピュータには無害である。

  • スタンドアローンのコンピュータで初音ミクを運用する

どうしても初音ミクを運用しないといけない場合はインターネットに接続していないコンピュータを利用すべきである

ただし多くの場合でイタチゴッコであり、対応していない変種ウイルスも存在する。また初音ミクが変質してしまうためにパッチを当てることを嫌うユーザーも多い。

葱の成分アリシンは低濃度では影響が無いが、高濃度の場合はウイルスプログラムを無害化する事が知られている。このため葱の成分を利用したファイアウォールを利用する事で感染を未然に防ぐことが可能である。ただし青葱(万能葱や九条葱など)には効果が無く、白葱(深谷葱やポロネギなど)を使用しないと意味が無い(下仁田ねぎは形状から加工が難しい)。その上、感染後には効果が無い上に、パソコンに葱の匂いが染み付くという問題点があり、また室内で飼うがこの機器を舐めると深刻な病状を引き起こすというデメリットもある。ついでに匂いにつられたゴキブリも繁殖する。

治療的対策[編集]

一方で一度感染してしまった場合、駆除は困難である。

感染初期においてはミクをアンインストールすることでプログラムを駆除する事が可能である。ただし発症してからはミク自身がアンインストールを阻止してくるため、対策は不可能である。

基本的には各種アンチウイルスソフトで対処できるが、たまに逆切れしたミクに逆襲されて尻穴に葱を刺されて恍惚の表情で倒れている先生をデスクトップ上において見かける事もあるため、あまり信用すべきではない。そして駆除に成功した場合でも、インストールされている初音ミクは先生の鉄拳制裁で完全に破壊されてしまうため、初音ミクのプログラム・初音ミクで作ったデータ・ミクとの思い出の修復は不可能である。またメモリを先生とミクが喰らい尽くすためコンピュータの動作が極端に重くなるという弊害がある。ウイルスバスター先生も同様。

  • コンピュータを破壊する

外部リンク[編集]

関連事項[編集]