おくりびと

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

おくりびと(英題:Bunt craftsman)とは、元屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ選手で現中日ドラゴンズコーチの川相昌弘主演のゴールデングラブ賞受賞作品である。

概要[編集]

川相昌弘の犠打バントの軌跡をドキュメンタリー風に仕上げた作品である。これを見たメジャーのスカウトは「日本人はバントしかしないのカ。じゃあ日本人選手なんていらないYO!!」と言わせたことから、日本人選手の海外流出を留めた川相を名球界に推する声もある。しかし川相は「こんなのベースボールじゃねぇ!!」と断ったとされる。

ストーリー[編集]

プロバント職人として読売ジャイアンツに一軍コーチとして内定していた川相昌弘。しかしある日突然、一軍コーチから二軍コーチへ降格を言い渡され読売ジャイアンツを退団。愛用するバットと共に職を求めて放浪しはじめる。紆余曲折を経て名古屋まで着くとそこで、中日ドラゴンズ監督である落合博満と運命的な出会いを果たしドラゴンズ選手として再出発する決心をする。昌弘は代打バント守備固めとして活躍し、チームの柱となっていく。順風満帆に見えた昌弘の野球人生だったが落合監督から「メンタルアドバイザーになってみないか?」との声をかけられてしまうのであった…

キャスト[編集]

川相昌弘
犠打バント世界記録533本の保持者である。その堅実な守備力は矢部君ぐらいだろう。
堀内恒夫
川相をジャイアンツから追い出したらしいが、プロは実力の世界なので仕方ない。
落合博満
川相の恩師。マスコミ関係者には意味の分からない采配が目立つ。
中日オールスターズ
中日の選手の皆さん。

番外編[編集]

おくりびとと同時上映された作品。ジャイアンツ時代の川相が犠打バント世界記録を達成するまでを描く。

ストーリー
犠打バント世界記録まで、あと少しというところまできた昌弘。しかし、プレッシャーからかバントのミスを連続し、その年のホームラン王にまで輝いてしまう。「なんとしてもバントを決めたい」その時、昌弘のとった行動とは…?

キャスト

川相昌弘
監督からバントのサインしか出されないという嫌がらせを受けているうちに犠打数世界記録にまで迫った悲しい男。
プロ野球選手
川相以外は特筆するべきでもないので略。

関連項目[編集]