おしぼり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おしぼり」の項目を執筆しています。

おしぼりとは、食事の前に汚いを清めるための神聖な道具である。

概要[編集]

食事中に汚れた手を拭く物として日本において考案された。最近では、わざわざ熱すぎるくらいの温度に温めてあったり、ビニール製の袋に入っている事も多く、清潔感や店の行き届いた管理などをアピールするための道具の一つとしての役割を果たしている事も多くなってきている。主に熱い物は自家製で、ビニール袋詰めのものは工場で生産されたものが多い。

歴史[編集]

誕生~[編集]

おしぼりの歴史は、源氏物語が生まれた平安時代頃まで遡るものと見られている。本来食事と言うものは、命に感謝し自分が生き延びるために行う神聖な儀式のようなものであり、その儀式が農作業や日々の鍛錬などによって食べるために必要な手が汚れたままでは、儀式を行うに当たって非常に不適切だという意見が強くなったため誕生した物とされている。当時は公家が客人を家に招く際に、家にあった綺麗な手ぬぐいを綺麗な水に浸して提供されており、お客様を心からもてなす為の一つのサインだったとも見られている。

現代[編集]

自家製の清潔感漂うおしぼり。
工場製の綺麗とは言い難いおしぼり。

しかし、現代のおしぼりは当時の物とは大きく異なっている。

第二次世界大戦の終了後、戦争の混乱で廃れていたおしぼりが再び各地の飲食店を中心に現れ始めたのである。しかし、この時にはおしぼりを店に来るお客の数だけ生産し、綺麗に洗って提供するのは労力などの問題もあり困難を極めた。その後、このピンチを助けるためにおしぼり貸し屋と言う業務が誕生した。この業務は店にとっては時間を掛けずに綺麗なおしぼりが提供でき、まさに絶好の職務と言えた。この評判を聞きつけた各地の飲食店もおしぼり貸し屋と契約するようになり、戦後の綺麗なおしぼり文化が確立されていく……かのように思えた

元々専門業者による清潔さを売りにして始められたこの職種だが、暫く経つと多くの飲食店からの依頼によって業者すらも労力の問題を抱えるようになってしまい(元々は自家製の洗濯機を使って作られていた)、工場での量産化スタイルが取られることとなった。そのため、少ない従業員で大量の綺麗なおしぼりを作る必要に駆られ、製品一つ当たりに掛けられる時間もどんどん短くなっていった。その結果、かつての清潔感は薄れ、むしろ汚い手を汚いおしぼりで拭くという大いなる矛盾に当てはまってしまうような品の一つとなってしまった。この傾向は日本にわずかに残っていた自家製おしぼりにも当てはまることとなり、おしぼりはとても綺麗なものであるとは言い難くなってしまった。

そこで考案されたのが、前述したとおりおしぼりを温めたりビニール袋詰めにしてしまおうという策略である。おしぼりが熱すぎるのはあまりの熱さに手を拭くことすら止めてしまい、おしぼり本体の汚れに気付かせない作戦が、ビニール袋詰めにしてあるのは袋に入っているという事だけで清潔そうに見せる作戦があるとされている。しかし、業者がこの様な苦し紛れの作戦を取っても、おしぼりが綺麗でないという事実に変わりは無い。

未来[編集]

現在、電磁波やプラズマ光などを使用した「次世代おしぼり」の開発が進められている。電磁波おしぼりは、電磁波を人間の手におよそ1分間当て続けることにより、皮膚表面の殺菌や汚れを92.3%除去する、次世代おしぼりである。現在のおしぼりで除去できる雑菌の数は、約99.8%と言われており、「次世代の方が性能が劣化しているのではないだろうか?」という重大な疑問が残ってしまう。その上、この電磁波おしぼりは取り扱いが非常に難しく、結果的におしぼりの表面が綺麗な状態に維持されているかすら不明な状況である。

結論[編集]

本当に綺麗なおしぼりというものは開発が非常に難しい物である。さらに、綺麗にする努力を続ければ続けるほど、より一層汚い物となってしまうのである。これを矛盾と言わずに他に何と言うのであろうか。

関連項目[編集]

海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこのおしぼりは!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)