おたぐり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おたぐり」の項目を執筆しています。

おたぐり(御手繰腸)とは、信州名物料理である。

概要[編集]

要はのモツ煮込みであるが、他のモツ料理と違う点は「隠し味にその内容物も一緒に煮込む」事である。独特の匂いによって好き嫌いが極端に分かれるが、一度好きになってしまうともう病みつき、厩舎の匂いを嗅ぐたびに「そうだ おたぐり、食べよう。」という思いに駆られてしまうほどである。

作り方[編集]

掻っ捌いた馬の腹からズルズルと手繰り出した(これが「おたぐり」の語源である)20~30mほどのから内容物をしごき出すのはあくまでも素人あるいは観光客向けの配慮に過ぎず、であるほど洗わずに調理する事を好む。彼らの曰く「馬の腸内酵素が消化しておいてくれた(人間の消化酵素だけでは吸収する事の出来ない)ビタミンミネラルが濃厚に溶け出した、いわば滋養の塊(吸収されない分が多量に残っている)とも言うべき馬糞を食べないだなんて、なんともったいない事であろうか」との事である。

そのため、地元の料理屋で「~回洗い」という単語が飛び交うが、これは馬の腸を洗う(流を通して内容物をしごき出す)回数の事である。参考までに10回ほど洗えば(10回洗い)、よそ者や初心者でもとりあえずは食べられるようになる(匂いが弱まる)と言われている。しかし、長野県民であれば5回洗いを超えた回数を注文すると軽蔑されるとかされないとか。もちろん、洗えば洗うほど匂いは弱まるものの滋養(馬糞)は流れてしまうためにその辺のモツとあまり変わらなくなってしまう。そのため、どこか味気ない感じがするのは決して気のせいではない。

これをニンニク長ネギトウガラシ味噌醤油と一緒に延々と煮込み続けて(約7~9時間ほど)表面が煮崩れ始めた頃合いが出来上がり、ドロドロに溶けた煮汁をベースにたまりや刻みネギ、おろしショウガやニンニクを薬味に食べるのである。

賞味[編集]

美味しそうに出来ました。

その外見たるや、まさに馬糞である。茶色くくすんだ色合いと言い、ねっとりとした湿感と言い、そして何より匂いと言い、どう見ても馬糞である。でも、思い切って食べてみるとこれがクチュクチュ、チュリュリュンとした軽快な食感そして喉越し。例の強烈な匂いは後味としてしつこく喉からへと抜けるものの、これも慣れてしまえば却って快感になってしまうから不思議なものである。これを何度も繰り返し、いわゆる「第一箸目の壁」を容易く越えられるようになると、今度は「もっと洗いを減らし、ゆくゆくはピンサラ(全く洗わない状態)を!」と心に誓うのであった。

参考文献[編集]

  • 杉岡幸徳『世界奇食大全』文春新書

外部リンク[編集]

関連項目[編集]