おまかせ!ピース電器店

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ofjet d' art
ART!

この記事はあえて言うなら芸術です!

おまかせ! ピース電器店(おまかせ! ピースでんきてん)とは、日本に存在する小規模電器店である。家内制手工業をとりながらも、小さなものは電気カイロから大きなものは新幹線まで、電気のことなら何でも揃う名店として、一部のマニアに知られている。

なお、同店を舞台にしたドキュメンタリーがプロジェクトXに対抗して、週刊少年チャンピオンで連載されていた。かつて、少年チャンピオンコミックスから全24巻のマニュアルが出ていたが、社会の偉大な力に楯突いたためか、大人の事情により抹殺されている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おまかせ!ピース電器店」の項目を執筆しています。

仕様[編集]

技術大国ニッポンをマンセーすべく日本に降り立ってきたピース一家。彼らの思想の根底にあるのは、ライバルのアズマ電器をアメリカに見立て、大量消費型社会への批判であり、資本主義経済の繁栄によって失われつつある下町人情への回顧をほのめかしつつ、それを正義とするというとんでもないものである。そんな彼らは日々、様々な悪と戦っていて、勝手に領海を侵犯してきたニューでクリアーな潜水艦を漁船で拿捕したり、カゼウィルスという人類最大の敵に立ち向かうため、巨大メカを作って、悪の巣となった自宅もろとも殲滅させたり、仕事が忙しくて娘と遊ぶという育児責任を放棄した親に対して巨大パン責めの刑に処したり、なかなかの活躍振りである。とはいうものの、彼らも所詮は人の子であり、ちょっと過ぎた正義感が爆発して、油断しているスキにちょっと花見酒のツマとばかりにちょちょいと軍事衛星のレーザーをぶっ放したり、クソゲー欲しさにコンビニ強盗を働いた若者にお仕置きするため、鉄道で引きずり回しの刑に処したりすることもあるが、まあピース電器のやることだからと許されている。

ところが101話から活動が徐々に弱められており、行き過ぎた正義感から反省の色が見えたのか天誅レベルはダウンしている。それでも相変わらず、巨大室外機を落下させてテロを起こしたり、核融合レーザーで地球を貫通させたり、ロケットを発射させて自然破壊に協力したりと無茶はやっているが。だって、ピースだから。

ピース儲[編集]

未だにアニメ化を妄信する熱狂的な儲もいるほどで、脳内妄想で中の人(後の中の人とは似て非なる)を設定したりした兵まである。

また、作者は漫画界屈指のサッカーマニア、また猫漫画協会会員、鉄道教会員として名高い。他にロボ教ロケット教ひんぬー教なども信仰しており、嗜好はスキンヘッドの某御大、またその同類項と似ている所がある。

尚、愛称は公認でおまぴーであり、何とも卑猥な響きがあるが、むしろ作品にエロ要素はほぼ皆無に等しい。まあ、あの画風ではいくらエロを描いても、な、何を…! くぁwせdrftgyふじこlp

登場人物の取扱説明書[編集]

ピース一家[編集]

戦争を嫌い、平和を願ってピース(PEACE)と名付けられた見た目はごく普通の一家。家族構成は父、母、兄、妹、弟、そしてぬこの6人構成である。表向きは街の電器屋さんを経営しているが、その裏の姿は正義のヒーローの類であり、行き過ぎた正義感からか、国内外のスパイや世界の企業、組織に目を付けられている。

ピース健太郎
Nuvola apps important yellow.svg 警告
彼から商品を買うと、高い可能性で爆発します。
Nuvola apps important yellow.svg 注意
眠っている時に起こさないで下さい。吹っ飛ばされます。
この作品の主役で、取扱注意の危険人物。寝ぼけて教室でTNT爆弾をぶっ放すことはないにしろ、彼の手に掛かると瞬く間に学校が合体ロボに改造されたり、大学キャンパスが地獄絵図と化したりするため、至る所のブラックリストに載っている。左脳は不慮の事故で既に死滅しており、なかなか物事を覚えられない。しかし、科学者としての腕は未熟ながら光るものがあり、彼の発明品は正直、自己満足のオヤジより世間に受けている。また、中学生ながら残業、夜勤、居残り勉強、補習など様々なエクストリームスポーツを体験しているため、運動神経は良い。しかし、根っからのオタクであり、特に鉄分はこまめに補給している。他はプラ分、ゲーム脳も詰め込んでいる。尚、隣の家の娘、桃子とは幼馴染みにして恋人というありきたりの設定であるが、むしろ彼女を実験台にして遊んでいるに等しい。そして、恋人という設定は、こうでもしないとケンタローが桃子のストーカーになりかねない、という作者の尤もな弁解がある。
ピース貫太郎
Nuvola apps important yellow.svg 警告
アルコールを封入しないでください。戦争が起こります。
Nuvola apps important yellow.svg 注意
ヒゲ、メガネ、デブは禁句です。スーパーウリアッ上を食らいます
見た目はそこらじゅうにいるオッサンだが、真の姿は誰にも知られてはいけない。マッドサイエンティストメッカで有名なMIT卒。灯馬想とは知り合いかも知れない。本名は検閲により削除で、世の中に正体を知られたらいけないようになっている。そのため、身分を隠すため偽名を使い、庶民を装い、素顔が見られないよう、どんなことがあっても眼鏡は外さない。風呂に入るときも寝るときも一緒だから、既に体と同化してるのかも知れない。科学者としての腕も確かだが詰めが甘く、また自我の暴走がひどいため、ただ飛ぶだけのロボットとかわけのわからないものに家計を投じ、妻を困らせている。見た目の家は小さいが、不動産屋や国税庁の目を盗んで地下に巨大な秘密基地を建造しており、そこには実の子供も見たことがないような兵器メカが山のように密造されている。尚、A国では「アンタッチャブル貫太郎」という名で通っている。
ピース・M・幸子
Nuvola apps important yellow.svg 警告
何が何でも怒らせないでください。命の保証はできかねます。
Nuvola apps important yellow.svg 注意
何が何でも泣かせないでください。自分も鬱になります。
貫太郎が月で奪ってきた米軍の軍人。格闘のスペシャリストであり、作中最強の実力者。中でも彼女の超必殺奥義である「説教」に勝てた者はいない。Mとは何らかのコードネームようだが、その事実は闇のベールに包まれており、Mの悲劇とも言われる。そして幼い頃のトラウマで貫太郎が一緒にいないと、精神不安に陥るという弱点も見つかっている。そういや、まだ彼女は33だし、貫太郎との肉体的なコンタクトもないことはないだろう。余談だが、夫婦共に厄年であることは何らかの符合めいた偶然と言える。ともかく、彼女には謎が多い。
ピース則子
Nuvola apps important yellow.svg 警告
怒らせないでください。世界が乗っ取られます。
Nuvola apps important yellow.svg 注意
あめ玉を盗らないでください。家出されます。
健太郎の妹で、見た目はどこにでもいる生意気な少女。しかし、その実力は父に次ぐプログラムハッカーであり、米軍の軍事衛星を乗っ取ることもペンタゴンを侵掠することもお手の物。また、人工知能のプログラミングやゲーム開発などソフトエンジニアとしての才能を遺憾なく発揮する天才であり、欠陥品問題児の兄より有能と言われる。しかし、ひとたび怒らせると誰の手にも負えなくなり、実の兄であろうと、果ての彼方までぶっ飛ばすほどである。特にキャンディーの盗み食いには気を付けたし。
ピース康介
Nuvola apps important yellow.svg 注意
帽子を剥がしてはいけません。
健太郎の弟で、トレードマークは野球帽。実は父によって脳を改造されており、それを隠し続けるというコンプレックスを背負っている。その後、コンプレックスをなくすために母親のブロンドを移植したが、それが原因でヤンキー呼ばわりされた。脳天気で楽天家な性格にして、技術屋としてのスキルは皆無。しかしながら手先が器用であるため、メカの操縦者としての才能を発揮する。普段はケモレンジャーというキワモノ番組のファンを装い、見た目は普通の小学生である。
ミャー
元の飼い主は不明。「いいところに連れて行ってあげる」と言われ、気付けば生ゴミ臭い所でみゃーみゃー鳴いていたという。作業服を着た男たちに拉致される寸前、則子によって身柄を確保された。尚、ミャジラとは遠い親戚であるというが、真相は定かではない。ミャジラは原子炉で暖まる猫として知られており、ひょっとして高度の放射能によって、巨大化現象を起こしているのかも知れない。また、ミャーが拉致されたのも、証拠湮滅の疑いがある。

付属品(別売)[編集]

立花桃子
趣味はケンタローといちゃつくこととだが、いつも散々な目に遭わされて後悔しているという、ある意味例の悪役三人組みたいな役回りのキャラ。ある意味、ケンタロー以上の愚者か、それともドMかも知れない。年に似合わずリボンを着けているが、このリボンの秘密を知った者はケンタローによって存在を抹殺されるという。腕を組んで自分から胸を押し付ける、下着を見られたと思っても拗ねる程度の早熟、一線を超える日は近い。
月影アイ
本名は不明だがアメリカ生まれのスパイ。だが何の手違いかケンタローに惚れてしまった。人が良すぎるので絶対スパイに向いてない気がするんだが、下手に探ると愛くるしい兎のお面を被った長官に存在を抹殺されるかも知れない。
香山美保
秋田生まれの美人教師…のはずだがケンタローの教育を任されたため気苦労が絶えず、独身の寂しさも相俟ってかなり老け込んでいる。根は真面目に思えるが、一度支配者の味を占めると全校生徒を集めマスゲームを開催したくなったことから、やはりどこかしら異常な一面がある。また、酒を飲むと三輪車で暴走する癖がある。
若松ノブ
ケンタローより年上だが、タメで呼び合う親友。バイクとギターを愛する正義漢。特に特徴はないが、馬鹿力だけは馬並み。けど、馬鹿じゃない。
今井和夫
ケンタローの数少ない男友達。眼鏡、ピザ、色白とオタクの必須属性を兼ね揃えたKYな男。その真の姿はE国のスパイであると月影の報告があるが、本業そっちのけで聖地巡礼を欠かさず行っている。
東麗子
世界一の大富豪、アズコム創業者東和彦の一人娘にしてケンタローのライバル。典型的な資本主義経済の信奉者であり、「勝てば官軍」がモットー。捏造パクリ買収を得意とする。だがアズコムグループの悪口を書くと国が動いて抹殺されるので気を付けよう。第45話が存在を眩ませてしまったのも、これが原因である。
Nemurineko.jpg この記事を書こうとした人は失踪しました。
あとはあとは、適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)

ハック品[編集]

ポンポコ戦隊ケモレンジャー[編集]

コースケが好きな番組であるが、その実態は即席めん製造会社『ポンちゃん食品』による30分のコマーシャル活動である。それも仮の名で、本当は正義の秘密結社ケモレンジャーの組織だという説もあり、番組はただのプロパガンダであるという声もある。

  • ポン太

食うことしか頭にないケモレンジャーのリーダー。お袋さんからケダモノビームを放つ。他にカレーを死ぬほど食って口から放射するカレーもんじゃの術なども心得ている。好物はたぬきうどん。

  • キッド

クールを装ったポン太のツッコミ役。好物はきつねうどん。影は薄い。

  • ウサ子

子供よりむしろ大きなお友達を狙ったお色気担当の紅一点。好物はうさぎうどん…なんてあるわけがないので、力うどん。月見うどんでもいいと思うのだが、それは大人の事情なのでお察しください。

  • カビカビちゃん

少し落ち目になりかかってる時に降って湧いた救世主(あらゆる意味で)。中の人の秘密を知ろうとしてはいけない。持っているその銃で存在を消されるかもよ?

その他[編集]

ミスしらゆりさん
この作品の真の主人公。気苦労が絶えない冥土美少女で耐えず赤貧生活に悩まされている。高慢な支配人にこき使われ、手にはインクのしみが滲み出ているほど。一度、憧れの少年の必殺シュートを食らってあの世に旅立っている。
中の人
中の人。それ以上でもそれ以下でもない。洒落にならないほどのリアリティを追求する求道者。ミスしらゆりさんとは性格が似ているので、本人ではないかという説も聞かれる。
タカダさん
いい年だが則子に惚れ込んだロリ。女装が趣味で、しらゆりさんを虐待することもある。
タカダさんが餓死したため、後を引き継ぐことになった支配人。前の人より残酷なので、ネームはシークレットになっている。
ウェイトレス
ろいほー(ロイヤルホストではない)というファミレスに勤務。本当は誰も気にしない脇役だが、彼女がいないと何度も中の人は血だるまになっていたかも知れない。

第45話の評価[編集]

言わずと知れた欠番であり、プロレタリア作品の最高峰とも評価が高く、ゲーム雑誌におけるゲーム製作会社と出版社の買収、癒着の実態にメスを入れた問題作。それ故、激しい抗議に遭い、大人の事情で社会から抹殺される…はずだったが、ネットメディア隆盛期の今日、おまピーと言えば45話とも言われるほど、最も表にばらまかれてしまった作品である。

続編[編集]

月刊コミックラッシュ」(ジャイブ)2007年12月号・2008年1月号に続編の「おまたせ!ピース電器店」が掲載された。その内容は総務省による地上波デジタル放送の強行を批判する内容であったため、これも大人の事情で社会から抹殺されると思われたが、特に問題にもならずに単行本化された。

関連項目[編集]