お茶の水女子大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

お茶の水女子大学(おちゃのみずじょしだいがく 、英語:Ochanomizu University)は、東京都文京区御茶ノ水に本部を置く日本の国立大学である。略称は「お茶大」。「お茶大学」とも呼ばれる。

沿革[編集]

明治維新の一環として政府は1872年学制を制定公布、それに伴い教員を量産するため師範学校を全国各地に次々と設立。お茶の水女子大学の前身である東京女子師範学校もそのうちの一つである。ちなみに筑波大学の前身である東京師範学校は日本で一番最初にできた師範学校。
東京女子師範学校は、文明開化で取り入れた知識に基づく近代的な教育を行う、かと思いきや、教育内容は主に良妻賢母育成法。
「小国民に近代的な学校教育を受けさせよう!女子の進学率が低いから、女学校では女性の先生が家事や裁縫を教えることにしよう!女性は夫を支え家を守ろう、ただし教員になるのは奨励します!」という、何だか意味も目的もよくわからない明治政府の女性教育方針に従い、東京女子師範学校は東京師範学校女子部、女子高等師範学校、東京女子高等師範学校と名称を変えつつ女性教員を養成し続けた。
戦後の学制改革に際し、すったもんだの大騒動の挙げ句、一橋大学に倣い所在地の名をとってお茶の水女子大学と改称される。

キャンパス[編集]

お茶の水キャンパス(地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車徒歩3分)のみ。キャンパス内に幼稚園、小学校、中学校、高校が付属している。

学園祭[編集]

「徽音祭(きいんさい)」というマンネリ化した学園祭が毎年11月頃に行われる。申し訳程度に屋台が出店しているものの、チュロスなど甘いものが中心。建物内では至るところに新妻カフェ、婦警カフェ、アイドルカフェなど様々なイカガワシいカフェが出店する。日頃ジェンダージェンダーとうるさいわりにただの雌である。また当日は「お茶大おじさん」と呼ばれる人物が毎年特定のスポットで人間観察をしている。

猫について[編集]

学内にはが生息し、「お茶猫」の愛称で親しまれている。名前は「びんぼう」。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「お茶の水女子大学」の項目を執筆しています。


この項目「お茶の水女子大学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)