かとうれいこ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かとうれいこ」の項目を執筆しています。

かとう れいこ(1969年2月19日 - )とは、日本の男性を骨抜きにするため、在日アメリカ軍(在韓アメリカ軍という説もある)が製作したヒューマノイドである。CIA工作員である野田義治によって世に広められ、一時期は大成功を収めた。星野 幽子(ほしの ゆうこ)、星野 霊子(ほしの れいこ)という二つの別名を持つ。二つ合わせると幽霊(ゆうれい)である。

エピソード[編集]

  • 昭和天皇がかとうのビデオを見すぎて崩御されたという説がある。この説が正しいとすれば、野田義治は難波大助も李奉昌も果たせなかった天皇暗殺を果たしたことになる。他にも多くの日本人男性が死亡または再起不能となり、あたかもモンゴル帝国チンギス・ハーンのように、また大東亜戦争末期の東京大空襲のように、かとうれいこが「気持ちいい!」と叫んで走り回った跡は一木一草も残らぬ焼け野原へと変わってゆくのであった。この大成功に野田とCIA幹部が大喜びしたのは当然であるが、驚くべきことに野田は日本政府から勲0等旭日大乳章を授与された。これは東京大空襲を指揮して10万人の日本人を焼き殺したアメリカのカーチス・ルメイ将軍が、戦後に日本政府から勲1等旭日大綬章を授与された前例に倣ったものである。
  • しかしながら、昭和天皇は鬼畜カーチス・ルメイに勲章を親授(天皇自身が勲章を手渡すこと。勲1等は親授が慣例であった)することは拒んだ。この前例に倣って明仁天皇も野田義治に勲章を親授することはしなかった。昭和天皇が見たかとうのビデオがその後どうなったかは諸説あり、明らかではない。
  • 被害を受けなかった数少ない男性の一人に田中角栄がいる。彼も病床でかとうのビデオを見たが、全く動揺せず平然としており、むしろ不満そうな様子だったという。角栄は脳梗塞で会話が不可能であったため、その心中は推測する他はないが、(なんだ、アキほどじゃないな・・)と思ったのであろう。
  • 本当のバストサイズは97センチであるが、あえて86センチと発表した。これは誰でも分かる大嘘をつくことで世の興味をそこに誘導し、ヒューマノイドであることを見破られまいとする意図があった。しかし僅かなミスから本当のサイズが世に出てしまったが、CIAはこれを黙殺することに決めた。
  • かとうを撮影した山岸伸は、1988年に23歳で亡くなった堀江しのぶをかとうと比べて「しのぶちゃんとは、ずいぶん違うな」と思った。「でも、ヒューマノイドだから仕方ないな」と納得した。
  • クイズ番組で真面目に答えてしまうかとうを見て、野田は「1+1=2って答えても、それが正解だろうと、ちっともおもしろくないんだよ。だからおまえは1+1=10って答えろ」と指示したが、かとうは微笑み「社長、それ、知ってます。十進法の2が、二進法では10(イチゼロ)になるんですよね。私、頭いいでしょ?」と言ったので、野田は頭を抱えてしまった。(やっぱり、ヒューマノイドじゃ無理か・・)
  • 僅かなプログラムのミスがあり、あまり上手ともいえない歌を歌いたがった。「水着はいやです。歌わせてください!」と言い続けるので、野田義治も根負けして歌を歌わせたが、あまり売れなかった。ここで水着に戻すと「やっぱり歌が売れなくて、また水着の仕事しかないんだ」と思われるので戻せなかった。そのためCIAの上司の怒りを買い、野田は分裂騒ぎに巻き込まれた。
  • 2001年にプロゴルファーの横尾要と結婚して引退していたが、2012年に復帰した。よこおれいこではなく、かとうれいことしての復帰であるが、これをどう見るか。かつて郷ひろみは「原武裕美は結婚するけど、郷ひろみは結婚しないんだよ」と言ったが、かとうも「加藤房江は結婚するけど、かとうれいこは結婚しないのよ」と言いたいのか。そもそもヒューマノイドが結婚して娘を生むとは如何なる意味か。これは難しい問題であるが、ヒューマノイドが人間に変化する現象もごく稀に起こる。有名な例はピノキオである。(キノピオではないので注意。ピノキオはあやつり人形であるが、まあヒューマノイドのようなもの)かとうれいこはピノキオのように人間になれたのか?あるいは将来なれるのか?その答えはアッラーのみがご存じであろう。