くノ一

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

くノ一(くのいち)は女性であり、オカマのくノ一はいないようである。著名な人物としては「かげろうのお銀」改め「疾風のお娟」が挙げられる。

趣味はお風呂に入ること。火曜日の夜に繰り広げられるこのお風呂はTV中継される。回春効果があるため止めないで欲しい、という高齢男性からの要望が非常に多い!

最近ではイランの女性に一大ブームとなっている。

くノ一になるための修行[編集]

もち肌でナイスボディの持ち主である、というだけでは勿論くノ一にはなれない。

本業は間諜であり敵の城に忍び込んだり、敵の殿様を誘惑して思うままに操ったりしなければならないため、常に虜となって着物の裾を捲り上げられて浣腸をされたり、十一本目の指をあらぬところに出し入れされたり、という危機と隣り合わせだからである。このような場合も任務完遂のために欲情したり、液状の分泌物を垂れ流したりしてはならない掟がある。

このような場合を想定し、幼い頃から東北のさる温泉地にある忍者村に特注した、特殊訓練用こけしを使って股間の穴に挿入したり抜いたりという厳しい稽古を繰り返さなければならないのである。勿論幼少の頃は木製のこけしでは傷つける可能性があるので、こんにゃくで作った軟らかいこけしを使用する。

やがて修行を卒業する頃になると、股間の穴やその奥を締めたり緩めたり如意自在にコントロールできるようになり、一人前のくノ一として自立するのである。ただし、由美かおるが西野バレー団でこの修行をしたかどうかは知られていない。誰もが知るようでは忍者として役に立たないからである。というか、由美かおるのあの異常な若さこそが、忍者の修行の秘密そのものである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「くノ一」の項目を執筆しています。