こみっくがーるず

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

こみっくがーるず』は、著名な漫画家である萌田薫子(P.N.かおす)によるエッセイであり、萌田薫子の実体験を元にした作品である。 また、まんがタイムきららMAX芳文社)で、2014年5月号からはんざわかおりにより4コマ漫画化連載されている。

あらすじ[編集]

芳文社の編集者である編沢まゆ(あみさわ まゆ)。 まゆは、自分が担当している15歳の高校生4コマ漫画家の萌田薫子(もえた かおるこ)に対して独特のセンスを感じていたが、薫子が漫画家として成長するためには漫画を描き続ける環境が必要であると判断、そのために、芳文社の女子漫画家への入寮を勧める。 その漫画家寮の寮母である花園莉々香(はなぞの りりか)と、薫子の水道橋高校での担任となった虹野美晴(にじの みはる)は、まゆのかつての上級生であり、同じ漫研に所属していた。 そんなまゆ、莉々香、美晴の3人が、漫画家への夢を薫子に託しつつ、薫子を見守ったり、定期的に居酒屋で呑んだくれたり、遊園地コスプレイベントに参加したり、寮母室で宅飲みしたりしている有様を描写する作品である。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

編沢 まゆ
莉々香、美晴の後輩にあたる、薫子の担当編集者。薫子の可能性を信じながらも、容赦なくボツを出す。しかしそれだけではなく、薫子にきらら漫画のつくり方を伝授する新たな企画を立ち上げるのだった。
花園 莉々香
まゆの先輩であり、薫子の女子漫画家寮の寮母。百合漫画を単行本1巻だけ出して引退した伝説の漫画家「園田リカ」であるが、自分が実現できなかったある野望を薫子に託す。
虹野 美晴
まゆの先輩であり、薫子の担任。薫子たちにリボンを押し付けられたが、なぜか気に入っている。特技が暗黒勇者のコスプレだったり、ブロガーであることは世間には隠している。

その他の人物[編集]

新企画として、編沢まゆと一緒にアトリエを探訪してきた萌田薫子に対して、漫画の描き方を伝授したまんがタイムきらら及びその姉妹紙の連載漫画家たち。 企画を続けているうちに、編集者が同行しなくなったり、探訪先がアトリエでなくなったりしている点は誰も気にしない

くろば・U
代表作は、『ステラのまほう』。
学校を舞台とした漫画について伝授する。
kashmir
代表作は、 『○本の住人』。
不条理漫画と、印税生活入門について伝授する。
得能正太郎
代表作は、『NEW GAME!』。
社会人を登場人物とする漫画と、ゲーム業界について伝授する。
カヅホ
代表作は、『キルミーベイベー』。
暗殺者を主人公とする漫画と、金髪ツインテールについて伝授する。
大沖
代表作は、『はるみねーしょん』。
ギャグ漫画について伝授する。
あfろ
代表作は、『ゆるキャン△』。
漫画家が山梨県アウトドア生活をする方法を伝授する。
ねこうめ
代表作は、『こはる日和。』。
美少女ねこである事と、引き算について伝授する。また、エロゲーについても伝授する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「こみっくがーるず」の項目を執筆しています。
キャプテン翼の例のアレ.jpg こみっくがーるず は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、こみっくがーるず加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)