こゝろ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「こゝろ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「こころ (朝ドラ)」の項目を執筆しています。

こゝろ(こころ)とは、友人から彼女を奪った男が大学を卒業するも、ろくに職にも就かないまま、たわごとを言いながら死んでいく話。いわば、明治時代のNEETのたわごとである。著者は夏目漱石

概要[編集]

漱石の後期三部作のひとつであり、代表作であることは言うまでもない

先述したように、要はろくに仕事に就かないで(実家が金持ちだったのをいいことに)親の遺産を食いつぶしながら生きている男、今で言うNEETの苦悩を描いた小説作品なのだが、ここに人間の本質が描かれているとして、なぜか現代に至るまで非常に高く評価されている。授業で取り扱うと一部の女子生徒のテンションが上がる。

なお、この小説の設定をある程度引き継いだ作品が、久米田康治によって週刊少年誌に連載されている。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、先生はとても長い遺書を残して自殺することや、ピークォド号は沈没して語り部のイシュメルだけが生き残ることや、カムパネルラは川に流されて行方不明になることや、守須恭一のニックネームはヴァンであることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、初版本を手放さないようにしてください。

あらすじ[編集]

知り合いのおじさんから、親父が死にそうなこのクソ忙しいときに「友人の好きな子を奪ったらあてつけ自殺されたので俺も死ぬ」っていう100ページ強にわたる、とても封筒に入りきるとは思えないぐらい多い量の手紙をもらった。

登場人物[編集]

大学生で、この小説の語り手でもある。
本を読むのが好きで、世界中の本を読みたいと思っている。
『先生』の自殺後のこいつの行動に関しては、「後を追って自殺した」「先生の妻とくっついた」など諸説がある。
吾輩は『私』である。名前はまだ無い。
先生
この小説の主人公。本名不詳。仕事には就いていない。
妻はもともと友人『K』の彼女(?)だった。
お嬢さんと『K』がくっつくのを恐れて、『K』をバカ呼ばわりして辱めた挙句彼の逆ギレを恐れてお嬢さんをくれと奥さんにせがんだ。
『K』を結果的に死に至らせてしまったこと、自分の親の遺産を不法に横取りした、自分が最低だと思ってるはずの叔父と、自分は同じ性質の人間だと気付いたことに絶望している。
絶望した!!叔父と同じで自分のためなら平気で他人を傷つける、人として最低な自分に絶望した!!
最終的には自殺。よく読むと36~7歳くらいで死んだことが分かる。隠居のジジイみたいな生活をしていた割には意外と若い。
人としての軸がぶれている
K(Y)
『先生』の友人。本名不詳。でも他の二人に比べれば、イニシャルがついてるだけでもまだマシである。
慕っていた女性を先生に奪われたことに絶望、軽装で雪山に入り自殺してしまう。その自殺は、結果的に『先生』も死の世界に導いてさしあげてしまった。
『先生』よりも背が高くてイケメンだったらしい。お嬢さんと一緒に地元を観光し片貝花火や山古志の闘牛を楽しむが、『先生』の妨害によりゴールインには至らなかった。
映画「黒服の男たち」とは関係ない。白川郷に住んでいたという記録もない。測量士でもないし歌手でもないしドラマーでもない。
先生の妻(お嬢さん)
先生の妻。浅草にある老舗のウナギ屋の娘。自分が『K』と『先生』の自殺の原因になってることを知らない。美人で、活花や琴をたしなんでいるが、センスがない残念美人である。
名前は静。『私』・『先生』・『K』と違い、まともな名前が付けられている人物。漱石はよほど名前をつけるのが面倒だったようだ。
先生の妻の母(奥さん)
未亡人。本名不詳。欲求不満ゆえ、下宿人である『先生』を性的な目で見ていた。男である先生よりも男らしいので男の娘であった可能性がある。
沢山の下宿人を集めて如何わしいことをしようと企んでいたが、2人目の下宿人『K』がマグロであることに絶望し死去する。
坊っちゃん
『先生』の近所に住んでいる非常に短気な青年。本名不詳。
『先生』とは思考パターンが180度逆であることもあって相性が悪く、ろくに仕事に就かずにうじうじと過去のことに悩んでいる『先生』のことを快く思っていない。そのためご近所付き合いをほとんどしていない。
東京育ちの江戸っ子。以前はド田舎と名高い松山の中学校で教師をしていたが、その学校の校長達との人間関係がうまくいかなかったため、東京に帰ってきた。現在の職業は路面電車の整備士。
人にあだ名をつけ、その人のことを心の中にてあだ名で呼ぶのが趣味。ちなみに、『先生』には絶望先生とあだ名をつけた。
小川三四郎
熊本から上京し、大学で『私』や『先生』と知り合った青年。この人物もまともな名前が付けられている。
様々な人と出会い、己が三つの世界に囲まれていることを見出す。一つ目は母のいる故郷熊本。二つ目は『私』『先生』や『K』のいる学問の世界。三つ目は華美溢れる恋の世界。三四郎は三つ目の世界に惹かれた。
意中の相手が兄の友人と結婚してしまい絶望する。

関連項目[編集]