さしすせ素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
さしすせ素(Condimentium)
一般特性
名称, 記号, 番号 さしすせ素, 不明, 55
分類 金属
族, 周期 1, 6
密度 1.87 g/cm3
褐色
原子特性
原子量 132 amu
原子半径 260 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「さしすせ素」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

さしすせ素(-そ、Condimentium[1])はネオ原子番号55のネオ元素で、ネオ元素記号はS

概要[編集]

さしすせ素は、味を司る元素である。反応性が強く、味素と化合することでさまざまな物質を作り、その量は発見されているネオ元素のなかでも最も多いといわれている。なお、味は化合しているネオ元素の族で決まる(この性質は味素と似ている)。化合物は糖分(14族)・塩分(15族)と酸分(16族)に分けられる。

主な化合物[編集]

砂糖の結晶
糖分
ほとんどの糖分化合物のもとになる物質。今や、これ無しでは人間は生きていけなくなっている。
さしすせ素の化合物のなかでも最も有名で、最も危険な物質。雪素が含まれるため、個体にも液体にもなる。麻薬であるのに未だ何の規制もされていない。詳しくは砂糖を参照のこと。
トロリとした甘い液体。の体のなかで作られる砂糖に、リノリウムが化合して作られる。
蜂蜜に似た液体。密度が高い。
チョコレート撲滅運動団体の宣伝ポスター
無色の液体。糖尿病患者が増えたのは、角砂糖からこれに取って替わられたため。
ケーキシュークリームなどによく使われる。
生クリームに似た調味料。
最も有名な危険ドラッグ。終戦後、GHQによって子供たちにばら撒かれたため、日本人のチョコレート依存度はベルギーの次に高い。
塩分
砂糖並みに危険な物質。特にこれと混ぜると超危険。
飲みすぎると腎臓ガンや肝臓ガンになる。昔はこれを大量に飲んで徴兵を免れようとした。
塩分のなかでも割合健康にいいもの。味素の割合が多い。
アメリカ原産。塩より恐ろしい物質で、多くの死者を出している。
アメリカで大人気の血液供給用調味料。マクドナルドはこれのおかげで大きく成長した。
大阪で大人気の合法麻薬。別名白いケチャップ
こちらもアメリカで超人気の調味料。これがないと政府も国防総省も動きださない。
舌に炎症を引き起こす危険物質。ファミレスなどのテーブルの隅に絶対置かれている。
からしのアメリカ版。カスタードと間違えやすい。
酸分
一滴垂らすだけで、一瞬でガムシロップを飲みやすくする、不思議な液体。
  • (TaS5HLiE3
使われていないようで意外に料理にはいっている、隠れ調味料。ポン酢にその立場をゆずりつつある。
口内や鼻腔にたまった細菌を殺菌消毒するためのうがい薬。手につけてハンドクリームとして使う人もいる。
顔にたまったニキビを引き起こす、ニキビ菌を殺すための少々強い薬。体全体にかけて、水疱瘡を治そうとする人もいる。
爪の間の菌を殺す、炎症を引き起こしやすい人でも使える安全なお薬。細菌の居ないはずのに注射する人も居る。弱炭酸はコーラなどにも含まれる。

脚注[編集]

  1. ^ ラテン語で「調味料」を意味するCondimentumが由来

関連項目[編集]

この項目「さしすせ素」は、執筆者が実験に疲れて寝込んでしまった可能性もありますが、化合物が少なすぎますより多く発見してくださる化学者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、つべこべ言わずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)