遠藤沙耶

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エンドウ」の項目を執筆しています。

遠藤 沙耶(えんどう さや)とは、日本に住む17歳の女優である。

来歴[編集]

沙耶は、今から17年前に東京に生まれ、アル中の父親が「おつまみを愛していたこと」と「たまたま名字が遠藤だったこと」との理由で「遠藤沙耶」と名付けられた。以後、小学校中学校と名前のことでいじめられたが、高等学校に入ってからは逆にそのことで人気者となった。

17歳のとき女優としてデビューし、初出演作品「さやえんどうができるまで」(映画)で主役に大抜擢される。以後この作品はシリーズ化され沙耶はレギュラーで出演し続けたため、ネット上では話題になり、「まめ」というニックネームで親しまれている。

特徴[編集]

沙耶には、以下のような特徴がある。

  • 顔色がいつも青く、緑がかっている。
  • ファッションも緑系統が多く、アスパラガスも真っ青である。
  • 丸顔で、胸もお腹もお尻も丸いぽっちゃり体系をしているが、それ以外は全体的に平べったい。
  • 身長は高いが、猫背である。
  • 全体的に体毛は薄いが、うぶ毛は多い。
  • 髪はてっぺんがヘタのように立っていて、前髪も後髪も優しく頭を包むように被さっている。
  • 体が非常に柔らかく、胴体を360°捻っても痛くないらしい。ただし、やりすぎると「ブチッ」とちぎれてしまうようだ。
  • 乾燥に対して非常に強く、いつでもどこでも肌はうるうるである。

活動[編集]

本業は女優であるが、歌手としても積極的に活動している。女優での活動はドラマ・CMが中心。あまり美形ではないが、体と名前の特徴を生かして主に植物役を担当する。小学校などの学芸会では、植物役というと「アスファルトから顔を出した雑草・その2」「大都会の道路にある街路樹・その3」「畑に生えているレタス・その4」など地味なイメージであるが、沙耶はそのイメージを一蹴して植物役をポピュラーなものにした。CMでも同じく植物役として活躍しており、厚生労働省からはイメージキャラクターとして抜擢されている。

スキャンダルは極めて少なく、関係者からはクリーンなイメージとして高く評価されている。ただ、クリーンよりもグリーンのイメージが強いことは否めない。

生活[編集]

基本的に明るい性格であり、バラエティー番組にも出演している。番組で「グリーンピース!!!」と叫ぶ持ちネタを披露したところ、観客からは大ウケした。また、趣味は入浴であり、彼女がお風呂を出た後には美味しいスープが出来る。

そして、現役女子高生であるため多くの友達を持っている。オフには皆と一緒に日光浴に行き、一人だけ光合成を行うことで話題になっている。

家族構成[編集]

父親と母親は非著名人であるから名前は公表できないが、父親は大の酒好きで知られており、ときどき娘の沙耶をおつまみ代わりにしてカブリつき、妻に怒られている。また、母は料理を好み、これまた間違って沙耶を鍋に突っ込んでしまうなど失敗が多く、夫に怒られている。これに対して沙耶は「私はアンパンマンじゃありませんっっ!!!」と全力でブチギレたようだ。

また、ファンからは「クローン人間じゃないの?」などと囁かれるが、沙耶は父と母の立派なセックスによって誕生しているので、その説は筋違いである。ただ、彼女が恥ずかしがり屋だから、「セックス」という単語を口にしたくないだけなのだ。