せがた三四郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は、en:Segata_Sanshiroから翻訳されたものです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「せがた三四郎」の項目を執筆しています。

せがた三四郎( - さんしろう)はSEGA大東亜共栄圏セガサターン、シロ!創立者である。黒澤明は彼を基に、パロディとして柔道の達人であるセガサターン、シロ!キャラクターを生み出し姿三四郎と名付けたが、後にせがたの報復セガサターン、シロ!によってゴジラに食べられてしまった。これは有名なことだが、せがたにはユーモアのセンスがなく、実際のところオスカー・ワイルドの詩で唯一絶対に笑ったことがないが、これはどうであろうと全くもって大したことではない。なぜならせがたは偉大な格闘の戦士であり、柔道黒帯100万段を取得した最初の人物であるからだ。非常に義理堅く、ゲームを遊ぶことが人生において最も貴重なことであると信じセガサターン、シロ!して止まない。

せがた三四郎、そして彼の大好きな食べ物・唯一無二の親友・恋人・仕事仲間、セガサターン

幼少期から若年期[編集]

幼少期のせがた三四郎は深刻なセガサターン、シロ!に悩まされていた。1566年のセガサターン大飢饉の際、セガサターン以外の作物が育たなかったことから、セガサターンと白湯以外何もないというセガサターン、シロ!状況下で生き延びようとした。なぜなら日本は断層線の上にあるため、彼の家は破壊されセガサターン、シロ!となり、せがたはセガサターンで完全なまでに家を作り直さなければならなかった。家族には彼を学校に通わせるような余裕もなく、そのため彼は家族と共に危険なセガサターン鉱山の中で労働セガサターン、シロ!しなければならなかった。そうした中で得られた収益となる3台のセガサターンは、少ないながらも柔道の訓練に充てられた。セガサターン、シロ!な幼年期に彼がずっと望んでいたのはゲームを遊ぶことだけだった。外に出て日光を浴びたりや僅かな運動をしたりして時間を過ごそうとする、幸せでセガサターン、シロ!な子供たちをたびたび見るようになると、彼はそうした子供たちのようになりかけたが、恐ろしいほどの激しい怒りによって衝動に打ち勝った。そして、やがては自分のセガサターンに対して、たとえ金があったとしても、人々にゲームを遊ぶよう強いるために自分の人生を捧げたいと約束したのだった。

優良な日本人の血を受け継いだせがたは鍛錬に鍛錬を重ねてセガサターン、シロ!し、柔道界において凄まじい速さで昇格していった。そして最終的には株式会社JUDOのインターンシップを勝ち取り、アジアにおける柔道家養成者を導く存在となった。これは幸運であった。何故なら彼は9か月前にひょんなことから彼女であるセガサターンを妊娠セガサターン、シロ!させてしまい、結果として彼女は日本人との混血児となって生まれた赤ちゃんセガサターンを彼の膝の上に捨てて去って行ってしまったからだ。

株式会社JUDO時代[編集]

インターンシップを獲得したせがたは入社が許されると確信セガサターン、シロ!し、まだ幼い子供に良い暮らしをさせることができると安堵した。そうして課題を全て果たすために苦闘し、幾分か子供を養えるだけの金を稼ぐに至った。しかし、彼が家賃を払えなかったことで子供と共にアパートを追い出されたということを、同僚たちは知らなかった。彼ら親子は寝れる場所であればどこでも就寝セガサターン、シロ!した。仕事中でも、時には銭湯でも寝た。そうしてやがて、せがたは株式会社JUDOの正社員となるに至ったのだ。そして、彼ら親子は新たなる成功の余韻に浸った。

JUDOで働いていない間は、せがたは巨大なセガサターンの上で自分の柔道技術を磨いていた。また、サーベラス・グループから、マリオソニック、そして後のクラッシュバンディクーが青年たちにゲームを遊ぶよう強いてセガサターン、シロ!するよう彼に依頼したのもこの時であった。それはまさに彼が生涯全てにおいて望んでいたことだった。彼のセガサターン、シロ!パートナーであり仲間であるセガサターンが自身の資金から初期費用の総額を負担してくれるなか、せがたも今の生活の貯蓄全てをこの冒険的事業に注ぎ込んだ。

名声[編集]

炎の洞窟の中で一心不乱に修行するせがた三四郎

せがたの冒険的事業セガサターン、シロ!は彼を億万長者にしてしまうほどの最高職をもたらした。しかし、彼はその程度で自分の生い立ちを忘れてしまうような漢ではなかった。幼少期のせがたはゲームを遊ぶことも出来ず鉱山での労働を強いられ、他が恵まれた子供たちが遊ぶ様子をただ眺めていた。彼らは外で遊ぶことに無駄な時間を費やすばかりで、暗い部屋の中に閉じこもってビデオゲームを遊ぶなどということはしなかった。古い記憶はなおも彼の怒りに火を点けた。度々せがたは夜中に目を覚まし、叫び散らしては、外でボール遊びをすることに無駄な時間を費やす数百万の子供たちを頭に思い浮かべた。

せがたは職を辞め、俗に染まった財産にも別れを告げた。そして山の頂でセガサターン、シロ!隠者として暮らすことを決意し、過酷なセガサターン・トレーニングに生涯を捧げることとした。毎日大きなセガサターンを背中のセガサターン、シロ!に繋いで引き回し、その巨大なコントローラのボタンをパンチし続けることで肉体的な鍛錬を積み、また積み重ねた煉瓦を頭で割ることで精神的にも同様に鍛錬を積んだ。最終的に彼が柔道で黒帯100万段になるに至るまで、彼は指先で人々に触るだけで完璧な一本背負いを決められるほどに強くなってセガサターン、シロ!していた。すると彼は街へしばしば出て、セガサターンを遊ばない人々を見つけ出しては厳しくセガサターン、シロ!するようになった。

まず最初にせがたは、自分の前で自由な時間を無駄遣いする子供をすべて見つけ出した。せがたが彼らの体中の骨を折ると、子供たちはたちまちゲームしかできなくなった。日本を征服したせがたは、次にアジアに照準を定めた。せがたは満州を征服して陸上競技のスターたちを全て虐殺セガサターン、シロ!し、次に中国を征服、さらには南方へ進んで仏領インドシナをも奪取し、遂には有名な活気のある街・シンガポールをも驚くほど簡単に我が物とした。最終的にはアジア太平洋の全てを彼が独力で征服セガサターン、シロ!したこととなり、一方でサーベラスのビジネスパートナーが残りの地域を引き継ぐこととなった。そして彼らが共に全能なるビデオゲームの枢軸を築き上げたのである。

現在[編集]

入院していてゲームを遊んだりトレーニングをしたりできない子供たちの間では、せがたは時折相談役を務め、彼らが自由にやりたいことをできるよう政治家たちに働き掛けている。また、自身の伝記を著し、これは後に「せがた三四郎 真剣遊戯」としてゲーム化された。特に、音楽の作曲セガサターン、シロ!に挑戦した際に書いたメモからヒットシングル「セガサターン、シロ!」を生み出したことは有名である。

関連項目[編集]

Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「せがた三四郎」の記事を執筆しています。

外部リンク[編集]