だがしかし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

だがしかし週刊少年サンデーに掲載されている駄菓子広告、及びテレビCMである。

だが・しかしではなくだがし・かしであることに注意。

概要[編集]

昭和の頃の子供のおやつと言えば駄菓子であり、食べることが至福のひと時でもあった。しかし最近の子供たちはどうだろうか。駄菓子ではなく、ポテチ等のジャンクフード、シュークリーム等のスイーツがおやつとなっている。駄菓子の売り上げは落ちる一方であり、このままでは駄菓子業界の衰退が危ぶまれていた。

そこで駄菓子メーカーが出資したかどうかは不明だが、2014年から週刊少年サンデーにて広告を出し始めた。その広告は十数ページにわたり、広告としては異例の掲載ページ数である。絵付きのセールスレターで、駄菓子の魅力や豆知識はもちろん、食べる以外の楽しみ方についても盛り込まれている。この広告を載せた結果、駄菓子の注目度を集めることに見事成功した。

CM放送開始[編集]

この広告が反響を呼んだ結果、テレビCMが作成されることが決定した。2016年1月から3月までの期間限定でTBS[1]で放映が開始された。作られたCMの長さは10分弱にも及ぶ、CMにしては異例の長さで作られた。このCMは2本立てで放映することになったため、前番組と次番組の30分間まるまるCM枠となった。 4月以降にCM放映が終了した・・・と思ったら、2018年1月から新CMが放映開始となった。しかし、尺は10分弱1本のみで、もう1本分はなんの陰謀かアルコール飲料のCMに取られてしまった。

CMの内容[編集]

1、後を継ぐ気のない駄菓子屋の跡取り息子登場

2、大金持ちの大企業の美少女ヒロインがやってきて、新製品の相談に来る。

3、駄菓子屋の親父が頓珍漢な魅力のない紹介をする。

4、だが、親父を引き立て役に、跡取り息子がその魅力を無駄に多い雑学でビシッと紹介。

5、またしても感心したヒロインが、駄菓子屋継ぐよりウチに来ないと胸たわわに勧誘

6、関連商品は現実の駄菓子屋ではなく、有名フランチャイズのコンビニでどうぞ~~

肝心の駄菓子屋の売り上げは[編集]

当局の検閲により削除されました

注釈[編集]

  1. ^ 詳細は頭の固い方を参照のこと。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「だがしかし」の項目を執筆しています。