だろう運転

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「だろう運転」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「だろう運転」は何故か「かもしれない運転」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

だろう運転(-うんてん)とは、楽観的視点から予測を行い、余裕を持って運転することの表現である。自動車の安全運転を示す日本慣用句

日本の自動車教習所警察お父さんなどでは「だろう運転」を危険な運転だと誤解したままで、運転者に対してより注意深く予測や行動を行うことを啓蒙している。

特に人身に関わる交通事故が起こった場合の「だろう運転」は、危険を予知する義務を怠ったとして「安全運転義務違反」の行政処分が不当に下りることとなる。

なお、蛇行運転と直接的な関連はない。

この記事も、きっと誰かが面白く編集してくれるだろう。

だろう運転の例[編集]

  • 右折待ちで、直進車の動きに対して「思ったより速く進んでいるだろう」と判断して、十分な余裕ができるまで右折を待つ。
  • 同じく右折待ちで、直進車がその先の道路の混雑により譲っても「その車の影からオートバイ自転車が飛び出すだろう」と判断して、徐行して曲がる。
  • 見通しの悪いカーブなどで、「対向車が来るだろう」と判断して、十分に見通しがよい場所に到達するまで追い越しを行わない。
  • 前方の車を追走する状態で、「急ブレーキをかけるだろう」と判断して、十分な車間を確保する。
  • 深夜や僻地の道路においても、「歩行者が突然現れるだろう」と判断して、歩行者がいる前提での運転を行う。
  • 横断歩道を渡る歩行者がいなくても、「歩行者が横断歩道を渡るだろう」と判断して、徐行する。

関連項目[編集]