とらや (赤坂のとらや)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「とらや(赤坂のとらや)」の項目を執筆しています。
「このお店、『やらと』っていうの?」
とらやののれん について、ある子供
「これは『とらや』って読むんだよ。」
とらやののれん について、その親

とらや(虎屋)は、東京都港区赤坂に本店をかまえる老舗の和菓子屋である。 なお、俗称「やらと」は、意外に有名であり、やらとでググると、なぜかとらやがトップに表示される。

概要[編集]

室町時代に京都で創業し、後陽成天皇に和菓子を献上して以降、皇室御用達の製菓業となる。 明治維新により、皇室が京都から東京へと遷られたのを機に、東京に進出し、現在に至る。 では、日本を代表する菓子屋のひとつとして、約五百年ものあいだ、ひとびとに愛され続けた理由は、いったい何なのか? いまから、その一端にふれてみたい。

典型的なベタへの誘惑[編集]

とらやは、典型的なベタな手をつかいながらも、最終的にはお客を、「めろめろ」にしてしまう。 以下にいくつか、事例を挙げてみることとする。

くれぐれも「やらと」とは読まぬよう、よろしくおねがいしましたよ。(店主)

のれん[編集]

まず目に飛び込むのが、この「のれん」である。 ベタではあるが、白地に黒く太い文字で「やらと」と書かれると、そのインパクトは絶大である。 また、現代日本人の性質上、普段から、横書きの文章を左から右に読むことに慣れているため、とくに初見の場合、

やらと?なにそれ?」

と読み間違えるケースが多く、その戸惑いのあまり、おもわず立ち止まってしまう通行人が後を絶たない。

しかしながら、これをあえて、いま風に「とらや」と書かないことこそ、実は、宣伝効果を狙ったとらやの戦略なのである。

普通であれば、素通りしてしまう通行人を、「のれん」の前で、立ち止まらせてしまえば、しめたものである。

「だれ!私の羊羹たべたの!!」

ネーミングセンス[編集]

とらやのネーミングセンスにも、愛すべきベタが垣間見える。 ここでは、例として、かの有名な羊羹の商品名を列挙してみる。

  • 夜の梅(よるのうめ)
  • おもかげ
  • 新緑(しんみどり)
  • 空の旅(そらのたび)
  • 阿波の風(あわのかぜ)

「ベタベタろまんちっく」ながらも、どこかにくめない。 そこが、とらやのネーミングクオリティである。


羊羹とおさら 現在この節は、商品名のみ陳列されています。
これらの素材をつかって、美味しい記事に仕上げる料理人を募集中なのです。
「われこそは」というかたはこちらまで (Portal:スタブ)

関連項目[編集]

同名の製菓業の一例。
なお、そのべたなネーミングにより、製菓業にかぎらず、ありとあらゆる業種で「とらや」を見つけることができる。
「とらや」でググってみると、さながら「とらや」が巨大グループを形成している印象さえあたえるが、
実のところ、歴史も資本関係も全く別の企業であるケースがほとんどである。
「やらと」+「羊羹」でググった場合、かなりの頻度で「とらや」につきあたる。
このことは、とりもなおさず、「とらやののれん」のまえで思わず立ち止まった人がいかに多いかを、如実に物語っている。
しかも、これは、あくまでも「文章としてインターネット上にあるもの」だけがひっかかるわけなのですから、
ねっ、
あとは、あなたのご判断におまかせします。お察しください

外部リンク[編集]


羊羹とおさら この記事の執筆者たちは、とらやの羊羹を食べながらまったりしています。
あなたも、執筆者たちとまったりしたければ加筆してみよう (Portal:スタブ)