とりあえずビール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「このたびの酒はとりあえずビールで! 肴の錦 神のまにまに」
とりあえずビール について、菅原道真

とりあえずビール(Toriaezu Beer)とは、日本最大のビールメーカーであり、その主力製品の商品名でもある。10秒に1度売れている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「とりあえずビール」の項目を執筆しています。

概要[編集]

日本中の居酒屋などで取り扱いがあり、あるのがあまりに当たり前なためメニューに記載されていないことがほとんどである。とりあえずビールの生ビールは中ジョッキで供されていることが多いため、「とりあえず生中」という注文もよくみられる。

近年では外国人にも広く知られており、日本のビールといえば、とりあえずビールだとされている。海外では日本料理店などで扱いがある。

歴史[編集]

とりあえずビールは高度経済成長期に設立され、ホワイトカラー層の増大によりどんどんシェアを拡大していった。一時期は独占禁止法にも引っ掛かりかねないほどのシェアを獲得し、とりあえずビールと全員分のビールを頼んでも、それ以外しかおいていないことはまずないとまで言われた。だが、隆盛はいつまでも続くわけがなく、平成6年を境にシェアをリキュールやチューハイに奪われ始め、今ではとりあえずビールを頼む人のほうが珍しいとすら言われるようになってしまった。栄枯盛衰久しからずとは言うが、あまりにもさみしい末路である。

2010年4月1日には厚木市地ビール会社サンクトガーレンがとりあえずビールを買収したと発表し、とりあえずビールの販売を行ったが、これはエイプリルフールであった[1]。ビールのシェアが下がったとはいえ、日本最大のビールメーカーを小さな地ビール会社が買収するのは不可能だというのは明らかである。

おつまみ[編集]

とりあえずビールにつけるおつまみとしてはとりビーが知られている。とりビーとは鶏肉とビーンズのセットである。現在ビールのお供として鳥の唐揚げ枝豆が有名であるが、その組み合わせを初めてやったのがとりビーであり、現在、ビールとともに唐揚げと枝豆が出されるルーツになったのである。そのため、とりあえずビールには、ビールのほかに枝豆と唐揚げを頼んでくれという意味があるのだ。

近頃の若い者はとりあえずビールを敬遠するようになったが、枝豆や唐揚げをおつまみとして頼まないということは珍しい。つまり、思いっきりとりあえずビールの影響を受けているのだ。このことからもむやみやたらに先人の文化をバカにしてはいけないということがうかがえる。まあ、文化にもはやりすたりがあると考えれば、とりあえずビールのシェアが低くなるのも仕方がないのかもしれないが。

[編集]

関連項目[編集]

Undictionary Logo Text.png
この記事「とりあえずビール」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


酒乱幼児.jpg この項目「とりあえずビール」は、まだまだ執筆者が酔っていないので、ハメをはずしきれていませんどんどん呑んで、中川大臣の待つバッカスのお膝元にこの項目を飛び立たせてください。 (Portal:スタブ)