なす

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

なすとは、人間によって合法的に拷問虐殺されている野菜と呼ばれるグループの中の一つの種類である。野菜の中でも特に人気の高い種類の一つに数えられる。

種別[編集]

人間による分類ではナス属ナス科に分類されている。野菜としては刃物で切断した際に赤色の血が大量に出ることで人気の高いトマトの仲間に分類される。ただしなすの血は透明で、量もトマトよりは少ない。それでも人間が満足する程度には大量に含まれている。

人間となす[編集]

なすは拷問の材料としては(サディストにとっては反応が無いため不満らしいが)値段が安く、誰でも手軽に切断などを楽しめることから、「畑」や「農園」呼ばれる工場で人為的に育てられている。人間はこれらをスーパーマーケットと呼ばれる拷問用の店で拷問に使う槍や茶色い土のようなものと共に買っている。

拷問の方法[編集]

日本に行われる、伝統的な拷問方法。
斬首
もっともポピュラーな拷問の方法で、なすの頭の部分に鋭利な刃物を当て、そのまま切り落とすのである。なすは生命力の強いのでこれだけで命を落とすことは無いが、それにしてもおぞましいものである。頭はゴミ箱に捨てられる。
生き埋め
主に日本で伝統的に行われている拷問。斬首した後のなすを樽に詰め、上から茶色い土のようなものをしっかり被せてさらにその上に重量のある岩を置く拷問。岩の圧力で圧死するか、そうでなくとも窒息死する。潰される事により体から血が抜け、数ヶ月後に嬉々とした表情で人間が樽をあけた時にはまるでミイラのようななすの死骸がたっぷりと詰まっている。
串刺し
これも日本独自の拷問である。先の尖った槍でなすを串刺しにすると念入りに息を吹き返さないように茶色の物質で全身を覆った上に火にかけて焼き殺す拷問法。
傷に擦り込む
中国(特に四川地方の)の伝統的拷問法。刃物でバラバラ殺人をしていくつもの肉塊に分けたなすに激辛の薬を擦り込む事によって悶絶するレベルの激痛を与える拷問。
炎に当てる
シンプルに焼き殺す拷問法。焼いていると体の皮から血が噴き出すのを見て楽しむことができる。
熱湯にひたす
熱湯の中に放り込む事で溺れまいと熱さに耐えながら四苦八苦する様子を見て楽しむ拷問。もちろんなすは全身火傷の後溺死する。
ムサカ
ギリシアなどの東地中海沿岸の拷問法。高温の液体の中に入れたなすを取り出した後更に刃物で切り刻み、最後にこの世の生物が誰も生きられない、つまりなすも絶対生き延びれないほどの暑さの空間に入れて放置する拷問法。国や地域によって細かい拷問法の違いがある。
上下から刃を当てて肉片にする
人間が最終的に行う拷問。もうこときれているなすに対して行う死人に鞭をうつような残虐なもの。閉鎖された空間で何度も刃を当てられ、人間が満足するまで刃が動き続ける。
強酸性の液体の中で跡形も残らないように溶かされる
肉片にされたなすは最後に人間の体も溶け残らない強酸性の液体に放り込まれて完全に消滅する。

拷問の例[編集]

ここで人間が日常的に行なっている拷問の一つ、「串刺し」を紹介する。人間はCookpadなどの拷問方法のサイトなどから拷問方法を得ている。

用意するもの
なす一匹
なすを窒息させるための茶色いもの
溺れさせるための水
拷問の順序
  1. なすを刃物で大きめに斬る。吹き出る透明の血を楽しむ。
  2. 水の中に入れて溺死させる。
  3. 高温になった鉄の上に乗せ、更に上から覆いをして高温の蒸気で更に焼き殺す。
  4. 茶色いものをしっかり塗って窒息死させ、更に超高温の空間に入れ焼き殺す。
  5. 最後に槍で突き刺して完成

このように、人間はなすに対しオーバーキルにオーバーキルを重ねる残虐な行為を行っている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「なす」の項目を執筆しています。