なにか

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

なにかとは生命エネルギーである。主に隠し味と言われる。有名になるような人は「なにか」を持っている。遺伝はしない。

Bouncypotato.gif
この記事「なにか」は何故か「何か」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

由来[編集]

江戸時代の将軍徳川家綱へその緒に由来し、もとはそれを見た熱心な研究家(ウィキペディアンの祖先)が考案した調味料。明治維新で西洋の文化(アンサイクロペディアンの祖先)が入ってくるとともに進化し、「なにか」とは生命のエネルギーであるという概念が考案された。「なにか」がどのように発生するかはわからない。ただ、生後三ヶ月までの間に「なにか」が発生するかしないかがその人の人生を決めている。

体内の「なにか」[編集]

「なにか」を持って生まれた人は生後一週間の間に無くなるが、「なにか」の影響は最低でも50歳まで受け続ける。体内に「なにか」を持って生まれた人を「だれか」と言う。「だれか」の体内から「なにか」を取り出すことには成功していない。

一般に、「なにか」を持っている人物は「あいつは他とは「なにか」が違う」と呼ばれることが多いが、まれに空気を読めない人物もこれと同じ様な言われ方がなされるため、区別には注意が必要である。要するに、前者と後者では「なにか」が違うのである。

「だれか」の見分け方[編集]

「なにか」が違う

「だれか」はへその緒に影響が出る為に見分けが付くが、一般人には解りづらい。「だれか」鑑定は専門家に頼むと意外と簡単に出来る。

調味料の「なにか」[編集]

調味料のなにかを「徳辛子」と言い、「家綱殿へその緒による案で完成の調味料」略して「遺影綱の緒」と呼ばれることがある。数十種類の材料を混ぜ合わせることで、「なにか」に似た効果を持つ調味料を作ることが出来る。詳しいところは東京大空襲で資料が散逸してしまったため分からない。代々調味料開発を行った三和家(みわけ)も、その時に絶えた。この見分けが付くか付かないかが、空気が読めるか読めないかの違いだった時代もあった。

「なにか」を題材にした作品[編集]

音楽[編集]


関連項目[編集]