なまえのないかいぶつ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

なまえのないかいぶつ(原題:OBLUDA,KTERA NEMA SVE JMENO)は、エミル・シェーベ(本名クラウス・ポッペまたはフランツ・ボナパルタ)によって書かれ、チェコのモラビア出版より出版された8Pの絵本である。

東ドイツにあった511キンダーハイム、及び薔薇の屋敷における朗読会では多数の子どもたちがこれを始めとするフランツ・ボナパルタによって著された絵本を用いた洗脳教育を受けていたと言われている。これによってモンスターが生まれた。

チェコ語から日本語版への翻訳は漫画家である浦沢直樹がおこなった。

あらすじ[編集]

朗読会の様子

"なまえのないかいぶつ"はある日、自分の名前が欲しくなったため、名前を探しに旅に出るが、世界は広いため、"なまえのないかいぶつ"は2匹に分裂し、西と東に分かれてそれを探すことになる。

その後は東に探しに行ったかいぶつは、順に鍛冶屋のオットー、靴屋のハンス、狩人のトマスの中へ入って名前を手に入れるが、お腹が減ってその人物を「バリバリ グシャグシャ バキバキ ゴクン」してしまう。

あるとき"なまえのないかいぶつ"はお城の王子の中に入って名前を手に入れる。そして「おなかがぺこぺこ」であることを我慢し続けるが、耐え切れなくなり、王様や家来を「バリバリ グシャグシャ バキバキ ゴクン」してしまう。

ある日、東に行ったかいぶつは西にいった分身と再会し自分の名前を自慢するが、西へ行った分身は名前がなくても自身が幸せであるということを告げる。すると東へ行った方が西へ行った方を「バリバリ グシャグシャ バキバキ ゴクン」してしまう。

かいぶつは、手に入れたヨハンという名前を呼ぶ者がなくなった世界でひとりたたずむ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「なまえのないかいぶつ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この項目「なまえのないかいぶつ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)