ぬわわ式表記法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ぬわわ式表記法」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ぬわわ式表記法(ぬわわしきひょうきほう)はオートバイの走行速度表記法の一つである。1994年頃に発生し当初は個人レベルで細々と使用されていたが、2004年に日本自動二輪車業共同組合の正式走行速度表記法に認められた。

概要[編集]

オートバイの走行速度は、しばしば数字を使わない方法で表記されることがある。その一つがぬわわ式表記法で、走行速度を3つのひらがなを使いkm/h単位で表記するものである。3つのひらがなはオートバイに乗っているライダーの心情や周りでオートバイを見ている人の心情であり、その心情描写でオートバイの速度を表すものであり、必ずしも実際の速度とは対応していない。従って、例えば「ちょっと急いでてさ、ふえわkm/hくらいで来ちまったよ」と言っても、実際に何キロ出ているかはその人の感覚によって異なる。

このような表記が生まれた背景として、オートバイは四輪車と比較してライダーが露出しているため、スピードに対する感情が非常に大きくなることがあると信じられている。ある意味では感覚的で曖昧な表記であるが、単純な数字よりも表現しやすいために広く普及しており、近年では自動車でも使用されることがある。

表記例[編集]

えええkm/hぐらいかな?
  • わああkm/h
    初めてオートバイに乗った者が驚きと感動のあまりこのような声を上げてしまうときぐらいの速度。これも青春の一ページ。
  • ぬわわkm/h
    小排気量のオートバイに乗るライダーや高速走行に慣れていないライダーが思わずこう叫んでしまう程度の速度。
  • ぬえおkm/h
    hydeの速さがこれくらいとされている。しかしひらがなは感覚でつけられる為、真相は明らかではない。
  • ぬおおkm/h
    日本における法定最高速度はとっくに突破しているように感じられる。中排気量以上の車種ではオートバイの方はまだまだ余裕があるが、人間の方は相当速いと感じこのように叫んでしまう速度。
  • ふわわkm/h
    越えられない壁の一つ。一般向けに市販されている国内仕様のすべてのオートバイが永遠に越えることの出来ない壁であり、逆輸入車の大型オートバイに乗った者が初めてこの速度に達した時、強烈なビビリミッターが掛かって思わずこう叫んでしまう速度。
  • ふええkm/h
    走行中のオートバイを見た頭の中身がトロい女の子も「ふええー、とっても速いですねー」と驚きの声を上げる速度。
  • あわわkm/h
    越えられない壁の一つ。現在販売されているすべての一般向けオートバイが永遠に超えることの出来ない壁であり、CBR1100XX(初代)・ZX-12R(初代)・GSX1300Rハヤブサ(初代)・Y2K・トップレベルの走り屋・バイクレーサーしか発することの出来ない貴重な叫び声。
  • あああkm/h
    あああああああああ!
  • あううkm/h
    ここまでくると新幹線よりも速く感じる。乗っているライダーもあまりの風圧に堪らず「あうう……」とうめいてしまう速度。
  • あややkm/h
    松浦
  • うわわkm/h
    越えられない壁の一つ。レースではル・マン24時間レースの出場車両(1989年まで)、市販車では二輪はY2K[1]H2R、四輪はブガッティ・ヴェイロンケーニッグゼグ・アゲーラRなど極限られた者たちだけが到達できる領域であり、運転者ですら「うわわ……」と叫ばずにはいられない速度。
  • うふふkm/h
    「あらあら、あんなにスピードを出して……うふふ、いけない子ね」とお姉様に叱られてしまうぐらいの速度。
    ある人が漕ぐゴンドラの最高速度はこれぐらいらしいとの噂。
  • えわわkm/h
    越えられない壁の一つ。リニアモーターカーや一部高速鉄道の試験走行以外ではあまり馴染みのない速度領域であるが、アラブ首長国連邦初めてその領域に挑もうとする市販車の開発が発表され話題に。
    数字としての区切りは良いが、馴染みが薄い所為か何だか叫び声も中途半端である。
  • えええkm/h
    あり得ない高速に見る者が「えええー!」と驚愕する速度。
  • おええkm/h
    とてつもない速さに搭乗者(運転・同乗問わず)が強烈な車酔いに襲われて我慢できないほどの吐き気を催す速度。
  • およよkm/h
    あまりの速さに六代 桂文枝(旧・桂三枝)のギャグ「およよ」がつい口に出てしまう速度。
  • やややkm/h
    今から一緒に、これから一緒に、殴りに行きたくなる速度。
  • よゆうkm/h
    すでに速度感覚そのものを失ってしまい、いかなる外的刺激ですら「余裕」と錯覚してしまう程の速度。
  • わわわkm/h
    ライダーを激しく動揺させる速度。車体は極めて不安定になり、ここまでの速度になってしまうと事態は深刻である。忘れ物の頻度が高まるという副作用も発生する。

脚注[編集]

  1. ^ カタログ上で謳われているスペック(うわふkm/h)を無謀にも再現しようとし、見事成功した場合に限る。

関連項目[編集]