はらぺこあおむし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「はらぺこあおむし」の項目を執筆しています。

はらぺこあおむしは、アメリカ政府により制作されたメタボリック・シンドローム防止のための食生活のガイドラインである。

概要[編集]

1969年、国民の肥満率の上昇に悩むアメリカ政府が、絵本作家エリック・カールに依頼して制作させた食生活ガイドラインである。身近に生息しているあおむしを主人公とし、肥満防止のための食生活を実践していく様子が子どもにもわかりやすい絵本形式でまとめられている。また、あおむしが食べたところに穴を空けた形の仕掛け絵本であるため、子どもの興味を引きやすくなっている。そのため、このガイドラインは肥満対策を全世代に向けて呼びかけた模範的ガイドラインとして世界中で高い評価を受け、世界各国でミリオンセラーとなった。肥満率が比較的低い日本でも323万部を売り上げ、日本の絵本の中ではいないいないばあぐりとぐらに続き第3位の売り上げ部数を誇る。

ストーリー[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、究極の問いの答え42であることや、鼠は実は死んでいることや、皆で宿題を終わらせることがエンドレスエイト脱却の鍵だったことや、「斑の紐」は父親が秘密裏に飼っていたサンゴヘビを指していたことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、初版本を手放さないようにしてください。

日曜日の朝に1匹のあおむしが生まれた。そのあおむしは常にお腹を空かせていたが、肥満を心配し、あえてファーストフードを口にせず、月曜日林檎火曜日、という具合に食物繊維ビタミン中心の食生活を営む。しかし土曜日に偶然アイスクリームやサラミっといった動物性タンパクを初めて摂取したため下痢を伴う腹痛を発症するが、ビタミンを十分に補給していたため自然治癒力が高まっていたこともあり、すぐに治癒する。そしてあおむしは無事にさなぎになり、美しいちょうちょになる。読者に食物繊維とビタミンを十分に摂取するよう暗に訴えかけており、肥満防止の意図が伺える。

反響[編集]

前述の通り、このガイドラインは模範的であるとして世界中で高い評価を受けた。もちろんアメリカでもミリオンセラーとなった。しかし、内容についてはどうでもいいと思っている読者が少なくなく、肥満率の上昇は抑えられないどころか、このガイドラインが最も力を入れていた肥満児の対策は全く効果が見られなかった。そこで、アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領は、このガイドラインを「子供の頃に読んで印象に残った」という名目で紹介したが、このガイドラインの出版当時彼は既に大きなおともだちであったことが暴露され、結局効果は無かった。

関連項目[編集]

ひよこ この項目「はらぺこあおむし」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)