ひだまりスケッチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、萌え4コマ漫画「ひだまりスケッチ」について記述しているばい! その他のひだまりスケッチにつ・い・て・は「ひだまりスケッチ (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!! はい!!!

ひだまりスケッチ』とは、四人の魔道士養成高等学校に通う四人組の魔道士の卵女子高生が活躍する、萌え魔法4コマ漫画、およびアニメ作品である。漫画版の著者は蒼樹うめ

「ひだまり」とは、四人組が寄宿しているアパートの名称、「スケッチ」とは、魔獣を描き召還する魔法のスケッチブックのことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ひだまりスケッチ」の項目を執筆しています。

登場人物[編集]

四人組[編集]

ゆの定番決め台詞
ゆの(CV:阿澄佳奈
山梨県出身。身長は144.5cmと小柄で微乳、体重はバキューン!!2kg、性格は素直で気のいい女の子。両手が右手になっていることがある。宮子とは親友で本名で呼び合う仲である。
風邪をこじらせると壊れて奇行に走るので要安静。家の鍵はかけないので、いつでも進入可能。
名台詞は「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」。得物はフライパン。卒業後はうっかり科学者となり、死者の書を発見する。
魔獣
アヒル村長 - ゆのと混浴し、入浴中のゆのを守護する。四人で銭湯へ行く際にもゆのに同伴する。ゆの萌えオタクの激しすぎる嫉妬の的である。
テディー・クマー - ゆのに添い寝し、就寝中のゆのを守護する。ゆの萌えオタクの嫉妬の的である。
チクリン - 竹皮質で覆われている。ハリセンボンのように全身トゲがついている。
輪投げキリン - フラフープを首にストックしており、長い首で回して敵に向かって投げ飛ばす。
赤いカーテン - 学校の試験前に活動する。ゆのはこれを未だ手懐けてなく、主人のゆのを襲う。
ピザ屋 - 金次第で台風の日にも食糧を運んでくれる。
宮子(CV:水橋かおり
宮子はいつもゆのに突っ込まれる
福岡県出身。金色のコルダのリリに憑依されているという噂がある。長身でスタイル抜群、パツキン巨乳で黙っていればイイ女だが、天真爛漫天然ボケで落ち着きがなく食欲旺盛な性格の持ち主。ゆのとは本名で呼び合う仲。宮子の名称は、冬になるとネコのようにコタツのなかに丸くなるのでミヤ+ネコ→ミヤコ、宮子となった。
結構な不幸体質で、ひだまりスケッチ外伝によると、交通事故で家族全員を失った上、自らも死にかけたが半ば脅迫とも言える詐欺にあいどうにか生き延びた代償として、傭兵契約書にサインさせられた。そのせいで故郷の福岡を離れ、中学時代までずっとエリア88の一都市、ミタキハラシティで戦い続けていた。そのため、魔道士としての実力は下手な正魔道士よりも高い。ルッキーニらとバルクホルンを撃墜するもシャルロッテの策に嵌った結果、ルッキーニの爆撃に巻き込まれ撃墜、引退を余儀なくされた。
なお、中学3年生の時にシャルロッテにより頭部切断と言う重傷を負ったが、うめ先生マゼラン博士のお陰で完全復活。今の性格になったのは過去の嫌な思い出を封印したため、とされる。
魔獣
足の速い豆腐 - 俊足の強大な豆腐。
立ちカバ - 二足歩行するカバ。
アジ - 味のある干しアジ。
魔道戦闘服
ノーブラTシャツ&ビキニパンツ - 水中戦用。特に男に対する効果が強い。
スポーツブラ&パンツ - 屋上戦用。
ゲキウマ - 漢字では劇馬、激上手とも。ブヒヒ~ンと嘶き敵を威嚇し味方に士気向上をもたらす。
呪文
LOVE&PIECE - 愛を粉々のカケラに打ち砕いてしまう。
空気入れの歌 - 空気ポンプで空気を送る呪文。
ヒロ(CV:後藤邑子
山形県出身。本名はヒロサン・ヨコヅナ・フカフカ。沙英の本妻。ゆの、宮子らの一年先輩に当たり、彼女らはヒロをヒロサンと呼んでいるが、ヒロに敬称さんをつけて呼んでいるわけである。宮子にミドルネームのヨコヅナと呼ばれて、相撲の横綱の意味で自分は太っているとオチョクラれたと勘違いして鉄拳制裁をしてしまったこともある。
基本的に性格は穏やかで良妻賢母タイプ。しかしダメ人間依存症の疑いがあり、宮子に食料を与えては喜ぶ。夫の沙英とは恋愛結婚。結婚のことが周囲にばれないよう同棲はしない。
甘党でありケーキに目がなく、本人は体重増加を気に掛けているが、そもそも高質量体質で見た目より体重があり、運動会の棒倒しでは無敵を誇るが、これは元々初期設定ではヒロの股間に棒が付いてる予定だった事の名残りだと、DVDのコメンタリーでうめ先生自身が言っている。
魔獣
ピンクスネーク - ヒロが丸く束ねている髪の中に常駐している。湿度が高いと活動が活発化する。ヒロの行動を素早くするのが通常の能力で、ヒロが怒り狂った時は複数が顔を出し、ヒロと目が合った者を石化してしまう。これを逃れたものはミラーマン植草くらいである。
沙英(CV:新谷良子
出身地不明。本名はサエ・オトコカ・ラブメロ。ゆの、宮子の一年先輩に当たり、性格は冷静で、四人組の中では突っ込み役。短髪でスタイルはスリム(決して貧乳とはいわないように)。エロ同人ではほぼ確実にチンコを生やされる可哀想な人。両手が左手になっていることがある。
外見はボーイッシュな女子高生だが、実はふたなりである。ヒロにそのことがばれてしまい、一線を越える仲となり、その後結婚。周囲にばれないようにしているが、部屋でヒロと絡んでいるところをゆのに目撃されてしまい、劇の稽古と言い訳したことがある。
呪文
恋愛小説 - その昼ドラのような唱はターゲットを夢幻愛の世界へ誘い戦闘力を失わせる。

前メンバー[編集]

みさと(CV:小清水亜美
ヒロや沙英の2年先輩で、ゆのの前任者。
その奇異な服装から察する通り、正確には彼女は魔道師ではなく呪術師である。
空間を制御する呪法を操り、強襲者用金タライ罠(トラップ)女子トイレを二週間封鎖する結界などハタ迷惑な行為を過去に行った。
リリ(CV:白石涼子
ヒロや沙英の2年先輩で、宮子の前任者。
実はみさとが使役する精霊である。戦闘能力に優れるはずが、みさとにとってはただの茶飲み友達ぐらいにしか扱われていない。

補充兵[編集]

いつも仲良しの二人
乃莉助(CV:原田ひとみ
うめ先生と同じ兵庫県出身。ゆの&宮子の1年後にひだまり荘へやって来た補充兵コンビの1人。青緑色の髪が特徴。
補充兵の胸の厚い方であるが、相手に対する遠慮や配慮は薄い方だったりする。
これもまた悲しい過去がある故の性格である。彼女はかつて「美樹 さやか」と名乗っており、中学2年生まではごく普通の中学生として暮らしていた。ところが恋人候補だった上条 恭介という男が腕を怪我してしまい、バイオリンを引けなくなったため、彼の腕を治すべく魔法少女となった。
しかし悲しいことに、上条はさやかが魔法を使って腕を治してくれたとも知らず別の女へと想いを寄せる。上条が振り向いてくれないことに絶望したさやかは魔女と化してしまい仲間さえ傷つけようとしたが、彼女もまたうめ先生マゼラン博士のお陰でこの恥ずかしい経験なかったことにされた。髪色はそのままだが、名を変え胸も増量、宮子がいると知って後を追うべくやまぶき高校に編入した。現在は黒歴史のことを完全に忘れ、高校生活を満喫している。過去に男性経験で苦い経験をしたことから、別の方向へと歩き出し、現在はなずなを慕っている。
なずな(CV:小見川千明
ゆの&宮子の1年後にひだまり荘へやって来た補充兵コンビの一人。
メンバー内では唯一の普通の御仁であるが、胸の威力は最弱。
ゆのに次ぐ、ロリ体型。乃莉とは相思相愛の仲。
茉里
乃莉助&なずなに続く補充兵。
空気がなくても生存可能な能力の持ち主であり、また江戸っ子気質で祭りがあると神輿を担ぎに飛び出してしまう。

やまぶき高等学校関係者[編集]

校長(CV:チョー
やまぶき高等学校校長。頭が異常に縦長で、その広い額は人間魔法モニターとなっており、映像を表示できる。普段身体をブルブル震わせて魔力を高め、いざという時にはハイパワーを発動する。
戦闘を行う星6以上の魔獣の効果を無効にし攻撃力を半g・・・人違いでしたサーセン。
かつては群馬県時定高校でも校長先生を勤めていたが、最近になって時定高校への再任が決まった。
松来未祐(CV:吉野屋先生)
ゆの、宮子の担任で、1年生時代のヒロ、沙英の担任でもあった。愛称はよっしー牛丼先生。お嬢様風だが、ドSな性格の持ち主でもある。
指導者として魔力を失うのを避けるため純潔を守り通している高潔な精神の持ち主である。決して男性に縁が無いせいではない。
魔道戦闘服
自作の魔道戦闘服を多数所有。その数の多さ、ファッショナブルなデザインから周囲からはコスプレと思われがちだが、さにあらず、自作多数の理由は自分の手で最高の戦闘服を作成し、あらゆる事態に備えてバリエーションを揃えているのであり、デザインがファッショナブルなのは、戦闘相手が楽しい気分で戦闘できるように図り、そうして自分自身楽しい戦闘を経験したいという、まさに一流の魔道士らしい動機によるものなのだ。
十二支 - 年末年始戦用。新年の干支に応じた十二支分のバリエーション、しかも多数の格闘戦のための型のポーズがあり、その数は担任する生徒の人数はあるという。
フリフリピンク - 校内戦用。
メイド - 夢遊戦用。
コート&レッドホットミズギ - 路上戦用。
バスガイド - 遠征戦用。
サンタ - クリスマス戦用。
振袖 - 初詣戦用。
魔獣
やまぶき地蔵 - 吉野家がやまぶき高校生徒時代に生み出してそのまま校内に放置、現在では竹林の中に鎮座している。生み出された当初はオットコマエの形状だったのが、風雨にさらされ地蔵の形状に変わってている。そういうわけで地蔵らしい能力を持ち、自分を磨いたり頭巾を被せたりして労わってくれた者には恵を与えるが、余計な仕打ちをした者には損を与える。自らを生み出した巨乳の吉野家をリスペクトしており、巨乳願望のある女子が参拝に来ると巨乳にしてあげることにしているが、このコはボーイッシュだから貧乳の方が似合ってるな、と判断した場合は巨乳にしない。
中の人のキャラに引っ張られたせいか、よく吉野先生と間違えられる。ラジオの台本でさえ。(帰ってきたひだまりラジオ/44:20~)牛丼じゃないのよ!
この上の文章にも誤記があるので探してみよう。
桑原先生(CV:初代・鈴木菜穂子、二代目木川絵理子、三代目・桑谷夏子
元・やまぶき高校の養護教諭で、今は石神井総合病院との連合を企んでいる。
シリーズ毎に中の人が違う理由は不明。

他の一般人[編集]

夏目(CV:福圓美里
沙英の競争相手で、時々に原稿を書いて『石ころ』、『我輩はネロである』『夏目愛人帳』などを出版した。実は沙英に対して恋愛感情を持っており、自称沙英の愛人。ただし、沙英のことは女だと思っている。要するにレズなのである。
智花(CV:釘宮理恵
沙英の妹。釘宮キャラにしては珍しくツンもデレもないお姉ちゃん子な普通の女子中学生(現在は高校生)であるが、弱毒性の釘宮病ウィルスを持つので油断してはならない。美味しそうにご飯を食べる様子や、彼女に対して突き放した態度をとる沙英をみて口元が緩み始めたら早めに視聴を中断し、医師の診断を受けるべきである。
第一期の第一話より小出しに登場を匂わせていた。サブリミナル効果を狙った物だと思われる。
そして第一期最終話にて満を持しての登場。それ以後ちょくちょく本編にも顔を出す様になる。
智花が登場する回は例外なく智花が主役である
ゆのの父(CV:水島大宙)
昔はギアス使いだったか、なぜかわからない現象で本ばっか読む病にかかってしまい、今は満潮家で暮らしつつ、大食らいのお稲荷様と破壊魔の守り女のせいで圧迫する家計に頭を悩ませている。
基本的に服を着ないタイプの父親。
ゆのの母(CV:根谷美智子
かつて小野裕介とともにアーム・スレーブにのったり、デザイン事務所で働いた履歴がある。
この人に片思い中の神谷浩史がゆの父を抹殺すべく、さよなら絶望放送で誹謗中傷を繰り返しているのは有名な話。

施設[編集]

やまぶき高等学校
魔獣を生み出す為にスケッチブックに上手く魔獣を描いたり、造形したりする技術を教練する高校。
人気があり地方から入学してくる生徒も多い。生徒の男女構成比は女子が圧倒的に多く、そのような環境の為百合に走る女子生徒も珍しくない。
女子生徒の制服はミニスカだが、パンツ守護魔法が掛けられておりパンチラが起こることは有り得ない。
ひだまり荘
四人組が居住しているアパート。やまぶき高等学校の道路を隔てた向かいにある。
運命に導かれた宿命の魔道士が入居する。ひだまり荘は変人が住むと高校関係者は語るが、やっかみにすぎない。
二階建てで6部屋あり、以前は四人組しか入居していなかったが、近年空き部屋がなくなった。家賃は大家の酒代になるので、入居者数に応じて酒の質が変わる。
侵入者に備えた防衛構造があり、各部屋には強襲用金タライが仕掛けられており、不審者侵入を感知すると同時に全室の天井が開いてタライが落ちてくるので注意。
基本的に奥が1号室、真ん中が2号室、手前が3号室であるが、たまに1号室と3号室が入れ替わることがある。これは魔法の影響で空間に歪みが生じるためである。また、アニメ第3期では乃莉の部屋が2階に移動するなど、上下の空間にも歪みが生じることが判明した。

補足[編集]

中の人の胸力に興味があるあなたはヘンタイです

この作品において中の人の胸力に著しい差が生じる事となっている。しかし役と中の人の胸力が相反しているとは何とも皮肉な事である。

[編集]

[編集]

関連項目[編集]

似て非なるもの[編集]