ひだまりスケッチ (ドラマ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、ドラマ「ひだまりスケッチ」について記述しているばい! その他のひだまりスケッチにつ・い・て・は「ひだまりスケッチ (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!! はい!!!

ひだまりスケッチ』は、2007年1月11日から同年12月にかけてTBS系列で放送されていたテレビドラマ。放送日時は木曜の25時25分 - 25時55分という深夜枠での放送だったにも関わらず、最高で26%という高視聴率を記録した。

概要[編集]

私立やまぶき高校からほど近い2階建ての小さなアパート「ひだまり荘」。
そこには、やまぶき高校に籍を置く4人の女子生徒が住んでいる。
彼女たちには“普通”の人には言えないある秘密があった……

原作の4コマ漫画作品『ひだまりスケッチ』の世界観、人物設定を引き継ぎながらも、原作とは視点を変え、 女性同士の恋愛を主題に据えた作品となっている。 愛した相手が同性だったからこその苦悩、罪悪感、背徳感。 そしてそれらを越えて感じる至福と抗いがたい快楽。 刻一刻と変化する登場人物の感情を巧みに映し出すストーリーと演技は、 放送が終了して13年が経過した今でも評価されることが多い。

ストーリー[編集]

すぐそこにあるのに、触れられない唇。
手を伸ばせば届く距離にあるのに、抱き寄せられない細い肩。
精一杯の勇気を出して絡めた指は、ひんやりと冷たく、やや遅れて握り返されたその手の感触に、私の心臓は早鐘を打つ。

こんなにも嬉しくて、こんなにも苦しい。
それでも、なぜだろう、私たちは恋することを止められない――


「ひだまり荘」201号室に住む、ゆのは同じく202号室に住む宮子にほのかな恋心を抱く自分に気づき始めていた。 周囲と同じく、自分も男の子に恋をするものだと思っていたゆのは自らの抱く感情に激しく困惑する。 そんな彼女に救いの手を差し伸べたのは102号室に住む沙英だった。 沙英は自分が101号室に住むヒロと恋人関係であり、既に肉体関係もあるということを明かす。

「だってさ、女同士だろうとなんだろうと、好きになっちゃったんだから仕方がないじゃん」

沙英の言葉に後押しされ、ゆのは自らの感情と正面から向き合うことを決める。

キャスト[編集]

登場人物のフルネームは明かされておらず、作中ではひだまり荘の住人は下の名前のみ、その他の人物は苗字のみが明かされている。これは仲の良い女性同士が下の名前で呼び合うということを強調するためである。

ゆの - 阿澄佳奈
本作の主人公。「ひだまり荘」201号室の住人で、やまぶき高校美術科の1年生。初めは宮子への恋心を抱く自分に戸惑うが、吹っ切れてからは積極的にアプローチするようになる。後に宮子への想いが届き、関係を持った際に脇の下にほくろがあることが判明した。
宮子 - 水橋かおり
「ひだまり荘」201号室の住人で、やまぶき高校美術科の1年生。ゆのとは同じクラスで席も近く、入学当時からの親友である。スタイルが非常に良く、その裸体の醸し出すエロスは、ひだまり荘の皆で銭湯に行った際に、ゆのだけでなく、ヒロと沙英までも鼻の下を伸ばすほどである。
ヒロ - 後藤邑子
ひだまり荘101号室の住人で、やまぶき高校美術科の2年生。甘いものが好きで、体型は少々ぽっちゃりしている。沙英と恋人関係にあり、半同棲状態で生活している。
沙英 - 新谷良子
ひだまり荘102号室の住人で、やまぶき高校美術科の2年生。ヒロとは同じクラスで恋人関係にある。あらゆる局面で戸惑うことの多い ゆの にアドバイスをする頼れる先輩である反面、ヒロには完全に依存している甘えん坊な性格である。

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ 『スケッチスイッチ』
  • 挿入歌 『芽生えドライブ』

「富士山」騒動[編集]

第10話「湯に咲く花」のひだまり荘の住人が銭湯の湯船に浸かるシーンで、宮子を演じる水橋かおりの乳首がタオルからはみ出し、画面に映りこんでいたことが発覚してインターネット上の掲示板などで騒ぎ立てられた。このとき銭湯の壁に富士山が描かれていたことから、「富士山」騒動と呼ばれるようになった。

関連項目[編集]


二代.jpg この項目「ひだまりスケッチ (ドラマ)」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)