びっくりラーメン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「びっくりラーメン」の項目を執筆しています。

びっくりラーメンとは、かの有名な「びっくりラーメン一番」で販売されるラーメンのような食べ物。「びっくり」と名を冠しているが決して価格にびっくりするというわけではない。

歴史[編集]

特徴[編集]

なんと言ってもその低価格が売りであり、税込み189円でラーメンが食べられるというコストパフォーマンスの良さが素晴らしい。しかしどんな原料を使えばこんな低価格で商売をやっていけるのだろうか、謎に包まれている。多分検閲により削除とか検閲により削除検閲により削除して、検閲により削除検閲により削除検閲により削除しているからこの低価格を実現できるのであろう。ワンダホー企業努力。

世間の評価[編集]

  • ラーメンの提供速度が速くてびっくり
  • それどころか餃子すら同じ速度で提供されてびっくり
  • 「チャーライ」と呼称される謎の飯が登場してびっくり
  • チャーシューが、透けるほどの奇跡の薄さでびっくり
  • 深夜に利用すると、深夜料金として100円が追加されてびっくり(←気付かずに注文した客とのトラブルが頻発したため、途中で廃止されたそうな)
  • 店員同士が客の前で異国の言葉で口喧嘩していてびっくり
  • 「びっくりラーメン」でググっても、公式HPより個人ブログのほうが上位に表れてびっくり
  • 吉野家の偉い人に「味が決定的にダメ」と完全否定されてびっくり
  • ウィキペディアですら問題点が一番多く記述されているという悲惨な状況になっていてびっくり

これから[編集]

惜しむべきことに民事再生法の適用を受けてしまう。しかし倒産仲間の吉野家が事業を引き継ぐことになり、牛丼ラーメン牛丼餃子などの新商品が期待される。 ………はずだったが、なんと吉野家もサジを投げてしまい、松屋に期待が集まっているが、売却先が見つからない場合、2009年8月末で閉店するという爆弾発言が飛び出してしまう。そして予告通り爆発。

関連項目[編集]