びんちょうタン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「びんちょうタン」の項目を執筆しています。

びんちょうタンとは、江草天仁が自ら企画、製作した漫画及びアニメ。毎回少なくとも主人公と誰かに火が付いて燃えてしまうシーンが非常に有名である。多大な人気を集めたが、話があまりにもブラックであるため、いろいろと諸事情により燃え尽きて黒歴史にされていった。

話の流れ[編集]

この作品の話は必ず、以下のように始まり以下のように終わる。今のところ例外は一切無い。

  1. 朝、びんちょうタンが悪い夢にうなされ、起きるところから始まる。
  2. 支度をし、街の中央の看板に張られている依頼を取りに行く。依頼が無ければ、街をふらつく。
  3. 夕方、依頼の報酬か、街で見つけた何かを持って帰宅する。
  4. 夜、びんちょうタンがミスをして、自分の体に火が付き、来ている服ごと燃えて(萌えて)何も無くなってDEAD END

これが実話であると打ち切りとなってしまうため、次の話で朝起きるときに、「ああ…悪い夢を見た」と提示することで、前回の話を無かったことにしている。本人曰く、「こうでもしないと本当に最終回が来てしまうでしょう」とのことである。

主なキャラクター[編集]

ウィキペディアによると、全てのキャラクターはに関連した名前が付けられていると書かれているが、下の二つはどう解釈しても無理がある(炭ではなく、「ちゃん」が変形した萌え呼称の「たん」)。

びんちょうタン
主人公。毎回燃えて無くなるのが落ちである。
クヌギたん
お嬢様。馬車に乗ると目が死ぬ。大豪邸に住んでいるが、街に出かけるとよく、燃えて消し炭になってしまう。
ちくタン
発明家。鏡音レンがモデル。発明品を作っている途中、装置が発火して彼ごと燃えてしまうことがある。
ちくリン
ちくタンの妹。名前が「リン」だけあって、鏡音リンがモデルであることは間違いない。ちくタンが作った発明品をいじってよく発火する。
れんタン
霊能力者。鬼火を呼ぶことが出来るが、たまに自分に燃え移る。
あろえ
スク水ベース。頭に水が溜まっていないと自然発火する。とある河童をモデルにしたとの噂。
ユーカリたん
間違っても田村ゆかりのことではない。テンションが高まると自然発火する。
うぃきぺタン
あああああああああ!ううううううううう!等に過敏に反応し、編集合戦を起こす。すると自然発火する。
あんさいくろぺタン
言わなくても分かるでしょう。常に火が付いています。

テレビアニメ[編集]

各話タイトル[編集]

  1. 春のお目ざめびん
  2. お仕事げっとびん
  3. びんのお誕生びん
  4. 鯖落ちの日曜びん
  5. 着物のおもひでびん
  6. 夜のぴーびん
  7. ラムネみずいろびん
  8. むすんでしばってびん
  9. ぴーついてるびん
  10. 荒らしの季節びん
  11. 雪、無音、窓辺にてびん
  12. お空にお手紙びん

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
びんちょうタンが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/キャラクター」へ収録されています。