ふおんコネクト!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ふおんコネクト!」の項目を執筆しています。

ふおんコネクト!とは、まんがタイムきららで連載されていた「萌え作品の可能性」を検証するための実験作品である。

概要[編集]

まんがタイムきららは、ファミリー向け4コマ誌レーベル「まんがタイムシリーズ」の中でもビジュアルと「まんがタイムラブリー」に継ぐ恋愛要素をウリにした漫画雑誌となっている[要出典]。創刊当初の想定主要読者層は若い女性層だったが、次第にそのビジュアル偏重からかオタク読者がメインとなり「萌え作品」というジャンル分けが為されるようになっていくようになる。

そこで「萌え作品」とはどのようなものか、というノウハウを持たなかった編集部が「何処までならOKか」を測る目的で企画したのがこの『ふおんコネクト!』である。

特徴[編集]

萌え作品に多く用いられる「極端に男性が少ない」「家族環境が破天荒」「物理法則や常識を無視した挙動」など、今では当たり前に「暗黙の了解」として説明無しで使われる設定の限界を探ろうと言う意図が端々に見られるのが大きな特徴である。

男性キャラクターが少ないのは「教育レベルも学費も高い私立大学附属高校なので、そもそも生徒自体が少ない」「主人公グループが女子グループなので、男子との交流が無い」というかなり極端な理由となっている。実際の一流私立大学附属高校では逆に男子生徒が多い傾向がある[要出典]が、「萌え作品である以上、女性キャラクターを全面に押し出すべき」という事でこのような形を取っている。また登場人物の家庭環境は常識では考えにくい形になっており、例えば主人公グループの三日科三姉妹「英夕」「三日科交流」「三日科通果」は三人とも一滴も血が繋がっていない。彼女の(戸籍上の)お父さんから見た場合、上から「元嫁が師匠から預かっていた(らしい)何処かの娘さん」「元嫁が他所の男と作ったはいいが、押し付けてきた子供」「現嫁の連れ子」という要するに赤の他人でしかない。尚この元嫁、ちょくちょく遊びに来るし現嫁とも物凄く仲が良い。登場人物の家族/血縁関係を複雑化させるのはシナリオ上の伏線にしやすい為で、萌え路線が躓いた際に保険も兼ねていると思われる。

常識外れとして大きいのは、タイトルにも入っている「ふおん」こと境譜音。クワガタムシと会話する、直感記憶や瞬間演算にG並みの狙撃スキル等人外スキルフル装備、たまにチェレンコフ光を出すなど明らかに人間ではないと思われる。また上記の三日科家長女・英夕は最終話で「実は完全な不老不死に至った錬金術士」と明かされるなどその他のキャラクターも大概常識を外れている。「萌え4コマだから、キャラクターは極端な方がいい」という事で要素を強化していった結果である。追記すると、これらは作品内でほとんど有効活用されていない。あくまで「極端さの演出」でしかないので、前面に出さないようにしているのではないかと一部[誰?]では囁かれている。

実験結果[編集]

本作品による「萌え作品の可能性検証」は、実際には不完全な状態での検証となってしまった。萌え作品は漫画だけでなくアニメ/ゲームやドラマCDなど様々な路線へとメディアミックスすることで真価を発揮するジャンルだが[要出典]、きらら作品のアニメ化が多すぎたため本作品までは手が回らずアニメ化は行われずゲーム化も無し、ドラマCDは何とか一枚だけ発売したものの連載後期であったため話題性を欠く事となってしまったのである。

また本作品で試行された様々な要素はほぼ完全に読者へと受け入れられており、「萌え作品の限界」を測るまでには至らなかった。オタク層の懐の深さこそ測れたものの、これ以降もきらら系列誌では様々な手段で「ジャンルの可能性」を計測していくこととなる。

関連項目[編集]

キャプテン翼の例のアレ.jpg ふおんコネクト! は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、ふおんコネクト!加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)