ふじみ野駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「不死身の駅は滅びぬ。何度でも甦るさ!」
ふじみ野駅 について、ムスカ

ふじみ野駅は、富士見市に存在する、ホームが4番線まである市内で最も規模の大きい駅である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ふじみ野駅」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

駅の誕生[編集]

開業前は田園風景が広がっており、開発も何もできない状態だった。 ちょうどその頃、富士見市は東京のベッドタウンとして大規模開発が計画され、その折鶴瀬から上福岡までが長いんだよ!!」という沿線住民の声が駅開業を後押し。開発計画で建設されたマンション、アイムふじみ野の最寄り駅として便利だったため、駅の開業が急ピッチで進められた。 今では「志木~川越市駅間に待避線がないことを解消するため」が客観的に見た開業の理由である。

開業後[編集]

こうしてできたふじみ野駅。駅の完成は周辺にも変化をもたらし、駅前は急速に変貌した。開業から10年後には「富士見市の全てがここにある!」と言われるほど発展した。だが変わったのは駅前であり、ふじみ野駅の裏は相変わらず田畑しかない。これについて富士見市役所は「自然と文明の調和」と言っているが、本当は富士見市が貧乏で開発できなかっただけである。(富士見市は現在大量の借金を抱えている)また、「全て」と言っても富士見市内のお話で、大宮とか川越に比べるとすごくしょぼい。

駅の特徴[編集]

駅構内の店[編集]

駅構内の店は、埼玉一充実している(嘘)。お馴染みキヨスク的な奴をはじめ、本屋やレンタルビデオ屋、ケータイショップに文房具屋がある。カフェはあるがちゃんとした食事は不可能。コンビニもある。駅前はほとんどの店でリピート率0%という奇跡的なまずさ(マクドナルドが唯一の救い)。

駅の構造[編集]

基本くる車両は地上走行。なのでホームの面積が広い。ホーム上でも売店がいくつかあり、需要の高い(と店長が勝手に決めた)ものだけが店頭に並んでいるため、忙しいビジネスマンの大いなる味方である。 なぜか線路の上に屋根があり、黄色い線の内側には屋根がないというある意味すごい構造。おかげでホームは鳩の便器状態である。

ふじみ野駅にまつわる豆知識[編集]

  • 鉄道図鑑にある写真は鶴瀬~ふじみ野間で撮影されているものが多く、最強の鉄道撮影スポットである
  • 東武東上線でつきのわ、ときわ台駅に続くひらがな混じりの駅名なので、漢検合格者にバカにされている。
  • 富士見市が貧乏になり始めた時、駅付近がふじみ野市として独立。どんどん豊かになって富士見市をうらやましがらせている。が、相変わらず田畑は放置プレイ中。
  • 駅の裏手の畑を有効利用したさつまいもが、現在の埼玉県の数少ない特産品のひとつ。
  • 人が多いせいか人身事故率が高い。特に貧乏サラリーマンが多く住んでいるせいか、酔っぱらいの転落事故が多い。
  • 駅前はホームレスだらけで、「ホームレスの家」と比喩する人がいる。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「ふじみ野駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)