ふじやん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ふじやん(ふじやん)とは、北海道に生息する大型の雑食性哺乳類である。その容姿と生態からクマと思われることが多いが、生物学的にはに近い。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ふじやん」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

現在、北海道でのみ生息が確認されている大型雑食性二足歩行の哺乳類である。発見された当初は生態や行動が一致する点が多かったことからヒグマと間違われていたが、後にその嗜好の特性や、道具を使うといった高い知能が確認されたことで、ようやく別の種であると認定された。

中年男性の笑い声を思わせる独特の鳴き声が特徴で、一時期ふじやんウォッチングなどの企画も持ち上がったが、安全の確保が難しかったことから立ち消えとなっている。なお、時折「文久三年!、嘉永六年!」と鳴くこともある。

当局の調べによれば、名古屋共和国にて目撃情報があった模様である。なお、某フリー百科事典では共和国出身とも記されているが、北海道での情報のみが錯綜しているのでそれは誤りである。

またアラスカ及びカナダにおいても似たような目撃例が報告されているが、いずれも1件ずつのみであり、以降の目撃がないことから、こちらは単純にクマの見間違いと思われる。

生態[編集]

子供連れのふじやん。つがいや親子を中心にした群れを作る事もある。

性格[編集]

極めて凶暴にして横暴。一度何か行動をおこすと周囲のことを全く気にかけず猛進するためその被害は絶えず、荒れ野原が1日足らずで野菜畑に、駐車場がクリスマスパーティー会場に変えられてしまう、気づいたら韓国アメリカにいた。などの例が報告されている。

また食物連鎖の上位に鎮座している事から、ハイエナチーターに対するライオンのように、平気で他の動物の獲物を横取りすることも多い。

だが、自分より強い存在や苦手なものに対しては途端に臆病あるいは従順となる一面もあり、守りに入ると普段の行動がウソかと思えるほど極度に弱体化する。

嗜好[編集]

基本的に雑食性ではあるが、甘く糖度の高いもの、特に炭水化物が絡んだものに目がない。この為、場、特に正月前後は、アンコ、キナコ餅、ずんだ餅などの被害が絶えない。それ以外の季節でも、饅頭団子など年間を通じて被害は莫大な額に及ぶ。

外見[編集]

犬科の生き物であるが、発見時、熊と間違われたことが無理がないと思えるほど熊に似ている。しかし、前足はかなり類人猿などに近い構造をしており、棒やなど単純ながら道具を使う事ができるようになっている。

進化[編集]

後年、名古屋近辺で、ふじやんの直接の祖先と思われる動物の化石が発見された。しかし本州ではふじやん及びその近似種が存在していない為、青函トンネルか連絡船経由で北海道にわたった個体が、天敵が存在しないなど本州とは異なる環境に適応し、独自の進化を遂げたものと考えられている。

近似種[編集]

魔神[編集]

甘いものを好むというふじやんの嗜好が更に特化した存在。外見はふじやんとさほど変わらないため、別種ではなく、繁殖期におけるふじやんの一形態ではないかという説が有力視されている。

また魔神の近くでは「ミスター」と呼ばれる類人が確認されることが多く、縄張り争いのために戦闘力を上昇させた形態という説も浮上している。

ふじやん犬(けん)[編集]

ふじやんが生物学的には犬に近い種であることを証明する存在。ふじやんを小型にしたような外見だが通常は4足歩行をしていることが多い。ふじやん同様、北海道には天敵が存在しないためか、道内全域で生息と繁殖が確認されている。慎重な性格なのか、人里離れた神社や廃墟などを巣穴にすることが多い。

北海道のデパートで売り出されたかぶとむら

ふじやん虎[編集]

2010年に確認された新種。しかし動物として分類した場合、虎になるのか、虎柄のふじやん犬なのか、虎の着ぐるみに入ったふじやんなのかは現在のところ結論がでておらず、今後の研究を待つしかない。

かぶとむら[編集]

種類としては甲虫にあたるのだが、ふじやんと非常に似通った生態、特に嗜好をもっており、その因果関係が重要視されている。北方としては極めて珍しい大型の甲虫であり、マニアの間では数十万の高額で取引されている。

ただひさ[編集]

2003年、高崎のだるまと竹田の姫だるまの間に生まれた四つ子の末子。竹田のゴクミさんが「男の子の顔は描いたことがないから」と大泉洋に作画を依頼し、彼によって「ただひさ」と名付けられた。常に泣いており、泣き声は低くて太い。赤ちゃんなのにバンバン髭が生えているのが特徴。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「藤村忠寿」の項目を執筆しています。


この項目「ふじやん」は、記事というより味無し酢豚です。この味無し酢豚に味付けしてください。貴方なりに美味しくしてください。お願いします。 (Portal:スタブ)