ふなっしー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
みんなの力で犯罪をしよう、と呼びかけてくる悪徳梨

ふなっしーとは、船橋市で発見された非公式のゆるキャラ世界征服を目論む新種の生物である。口癖は「~なっしー」。

概要[編集]

身長は2メートル弱で、人間と同等以上の知能を持つとされる。彼(性別は不明であるが)は、人間ではないのに人間と会話できるという非常にクールな奴で、現在確認されている攻撃方法はただひとつ、「梨汁を撒き散らすこと」である。世界征服は藤沢イカ以上に不可能であるが、諸事情によりその情報は本人には知らされていない。

世界征服[編集]

最初に世界征服に乗り出そうとしたのは、彼が人間に発見されてまもなくのことだった。まだ中学生だった彼は、アンサイクロペディアンのようにユーモアのセンスを知らず、「制服を着て世界征服」というクソ面白くもない親父ギャグを2分27秒に一回はつぶやき、世界中のコウテイペンギンを喜ばせていた。それを知った船橋市の職員は、地球温暖化防止策のひとつとして「面白くない親父ギャグ」を考え付き、ふなっしーを地方公務員試験を受験させようとしたという。しかし、かの天才外科医「ブラック・ジャック」の腕をもってしても彼の黄色い体が肌色に染まることはなく、受験資格を持つことはなかった。そんな理不尽な扱いを受けたふなっしーはついに、理不尽な人類への報復を開始したのである。また、彼の内部を言いふらした者は国家機密漏洩罪になる。

攻撃[編集]

「梨汁を撒き散らす」。この梨汁は中の人の汗を原料としており、相当のにおいがする。しかしはっきり言おう。この方法は、潔癖症患者にしか効き目がない。しかしそれは、ふなっしーには教えられていない。それには、次のような理由がある。

  • 「彼を慕う大勢の子供たちが落胆するのを防ぐため、ふなっしーをがっかりさせてはいけないのではないか」

これが、船橋市の公式見解で、未就学児を持つ保護者の暗黙の了解でもある。

イリュージョン[編集]

ふなっしーには「イリュージョン」と呼ばれる他の生物にはない独特の器官が存在する。人間でいう「口」にあたり、そこから水分や食料を摂取するが、「イリュージョン」はふなっしーの後頭部に位置している。目や口、鼻と思わしき器官は人間と同じ位置にあるのだが。おまけにチャック状である。

ふなっしーが「イリュージョン」を使って食事をする時、その中を覗くにはふなっしーの許しを得なければならない。もし怠った場合、梨汁を体全体に浴びせられることだろう。

人類への脅威[編集]

皆無である。梨汁を撒き散らす以外攻撃方法がない上、ひよこ陛下がじきじきに戦闘力を測定しても0.1415926535897932384626433832795028841971しかないため、これまで人類が築き上げてきた恒久平和は、いまだ継続される見通しである。

また、一部の研究者によると、ふなっしーは洗脳の力を持っているとの推測がある。これについては賛否両論あるが、今のところ二人目のふなっしーは見つかっていないため、彼を臨床実験に使用してはいけないことは世界中の生物学者の暗黙の了解となっている。

出現場所[編集]

多くの可能性があるのは、千葉県船橋市である。相当田舎の方でなければ、ふなっしーが征服にやってくる可能性がある。一番可能性が大きいのは、ゆるキャライベントである。ふなっしーが何も言っていないのに急に参加する事がある。また、ふなっしーが出現する場所は、大抵天の声によって、告知される。最近は日本だけでなく、台湾などの海外にも征服を試みている。

また2013年7月頃より人間の鼻の部分にも出現することが確認された。その様子をアニメ化したのが「にゅるにゅる!!KAKUSENくん」である。

ライバル[編集]

そんなふなっしーにもライバルがいる。 洋なっしーである。いつもふなっしーにリンチされている。笑っていいともに乱入しようと試みたが、笑っていいともが放送終了したため失敗した。 つまり用なっしーである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ふなっしー」の項目を執筆しています。
今年の春に発見されたふなっしーの偽物
カービィエリア.PNG この項目「ふなっしー」は、まだカービィのおやつにすらなりません。フルコースにして下さるコックカワサキを求めています。 (Portal:スタブ)