ぶりっこ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「ぶりっこ」は何故か「ぶりっ子」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ぶりっことは、かつて多重人格障害と呼ばれていた重度の精神疾患の一種である。発症原因は諸説様々なものが挙げられており、正確にはわかっていない。しかし現在では、異性を意識するあまり異常行動に出てしまい、それが日常化することで、同性の前と異性の前とで違った性格が発現してしまうのではないかと言われている。同性の前での顔と異性の前での顔を比べると、異性の前ではかわいらしく見せる傾向にある。

概要[編集]

主に表と裏とも言える2つの人格があらわれるのが一般的な症状である。ぶりっこ患者の大多数は女性であり、男性患者と比べ10倍近い人数がぶりっこと診断されている。小さな子供にはぶりっこ患者を見抜く力が大人ほどはないため騙されることも多い。特に中学校卒業以前のおとこのこは見抜けないことが多く、裏の顔を恋愛の対象にしてしまうこともある

主な症状[編集]

  • 異性の前では泣き虫になってしまう。
  • 同性の前でのくしゃみ「ハックショーーーーーーイ!!」
  • 異性の前でのくしゃみ「…クチッ」
  • 同性の前でだけ喫煙する。
  • どんなにディスられても、表向きは怒らない。でも絶対に覚えてるから、そこんとこ注意。

昔と今[編集]

以前は正統派アイドルをキャラクタライズする萌え属性としてぶりっこが存在し、一世を風靡したが、現代ではヤンデレ、天然系めがねっ娘などの多くの萌え属性が新たに生まれ、ぶりっこに陰りが見え始めている。その影響もあってか、ぶりっこ患者も減少傾向にある。

有名なぶりっこキャラ[編集]


フースーヤ「もう一息じゃ! 「ぶりっこ」を完全な記事に!」
ゴルベーザ「いいですとも!」 (Portal:スタブ)