ぼくのなつやすみ3

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ぼくのなつやすみ3-北国篇-小さなボクの大草原(-きたぐにへん-ちいさなぼくのだいそうげん)とは2007年7月にPS3で発売されたホラーゲームである。

制作に至るまで[編集]

カルト的な人気を博した伝説の第一作がリメイクにより駄作と化し、二作目は迷走。このままでは我々スタッフの命が危ういと、北の将軍様の協力を得て制作された。

ストーリー[編集]

昭和50年8月・・・主人公は両親の都合で北朝鮮東部の田舎の方に住む叔父の家に一ヶ月の間預けられることとなった。 北の大地で主人公を待っていたのは心優しい朝鮮労働党の面々、そして―北朝鮮での過酷非常に楽しい生活であった。

登場人物[編集]

ボク(朴)[編集]

本編の主人公。小学4年生。両親によって無理矢理叔父の家に預けられることになった。 序盤こそドブのように濁った目つきをしていたが、ゲームが進行するごとにその目は清流のごとく澄んでいく。

吉本一家[編集]

吉本武[編集]

主人公の叔父。32歳。吉本牧場なる牧場を経営しているが、牧場らしき場所からは動物の声は聞こえず、うめき声のようなものが聞こえる。 鎌を常時携帯していて、何かあるたびに鎌を取り出す。本人は「自衛のため」と言い張っているが、その刃先はいつもボクに向けられている。 目の焦点があっておらず、口からはだらしなく涎が垂れっぱなし。過去に何かを抱えている様子だ。

吉本楓[編集]

主人公の叔母。29歳。 日本から拉致されており、機械のように平坦で抑揚のない話し方をする。 嫌いなものは京急である。 毎日、夜の9時になると何処かへ出かけていき、そのことを問いただすと発狂する。目が濁りきっていて、その視線はいつも宇宙へ向いて脱法ハーブを吸っている。声をかけても上の空で、滅多に話すことができない。彼女が作る夕食は雑草汁や狐の姿焼き、狸の活け造りなど、どこか狂気じみている。もし残してしまった場合は―真相は君の眼で確かめて欲しい。

吉本緑[編集]

吉本家の長女。小学四年生。 幼い頃から余りに優れていてまた友好的な村人に気おくれして生きてきたため、いつも不気味な笑みを浮かべている。 その笑みは見るものに恐怖を植えつけ、また同情の念も抱かせてしまう。顔は笑っているのに悲しそうな目をしていて、悲壮感漂う少女だ。

吉本日向[編集]

吉本家の次女。まもなく一歳になる。 ボクと二人きりになると突然言葉を話すようになり、北朝鮮がいかに優れているか、他の国がいかに壊れているかボクに教える。

じいちゃん[編集]

遺影での登場。日向がシフトで入れ替わるのは月曜日と木曜日だけ(時給870円)。

エンディング[編集]

ぼくのなつやすみ伝統のマルチエンディングで、どのエンディングも精神的に弱いプレイヤーの心に深い傷を残すものになっている。 普通のプレーヤーは何の被害もないのでご安心ください

社会的影響[編集]

このゲームが発売された直後、北朝鮮への観光客や移住者が激増したことは言うまでもない。

関連項目[編集]