ぼたん鍋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ぼたん鍋」の項目を執筆しています。

ボタン鍋とは、日本に伝統的に伝わるボタンを用いた鍋のことである。

概要[編集]

そもそも、「」とは自分が食べたいなーと思ったものを水と一緒に鍋に突っ込んで、ぐつぐつ煮たものである。よってナニモノかが「鍋にボタンをつっこむ」ということを思いついたのである。

しかし、この「ボタン」には様々な解釈がある。花のボタンでもいいし、ボタン肉でもいいし、服に使うボタンでもいいのである。真の秋葉系ならばコンピュータのボタンでもいいだろう。用はボタンならばなんでもいいわけである。

なお、オマケとして野菜を入れるのはよい。しかし野菜だからといって西瓜といったものは入れない方がいいだろう。もし入れてしまったら…お察し下さい

基本的な作り方[編集]

  1. 材料を用意する。ボタンならばなんでもよいが、あまりにもはっちゃけすぎると闇鍋になってしまうので事前に材料を決めえておくのが望ましい。
  2. 鍋に味噌っこをとき煮立てる。
  3. 沸騰したらまず野菜を入れる。
  4. その後しばらくしたら待ってましたと言わんばかりに「ボタン」を鍋に突っ込む。
  5. もし肉ならば赤いところがなくなったら食べればよい。他のボタンの場合は、適宜察して食べる。

注意点など[編集]

ぼたん鍋を食いたいあまりに、他人のボタンを奪うのは感心しない。
  • もし大勢で食べるときは、「ボタン」が何かを決めておいたほうがよい。自分とは予想していたものと違うボタンが投げ込まれ、修羅場と化してしまう恐れがあるからだ。
    • ただし闇鍋にしたいならばあえて決めておかない方がよい。
  • ボタン肉がただの猪の肉だからボタンじゃないとか変なことは言わない方がよい。
  • しっかりと煮込まないと下痢をおこしたり胃を痛める恐れがあるので、出来れば原型を留めないほどに煮込んで胃洗浄と一緒に食べるのが望ましい。
    • しかし自分の体によっぽど自信があるならば、そのまま食べてみてもいいだろう。周囲のものは勇者と認めてくれるはずだ。
  • もし本当の勇者になりたいならば、東京都江東区にあるボタンに挑戦してみるといいだろう。

その他[編集]

  • 岐阜県瀕死の経営状態でありながら運行している樽見鉄道ではぼたん鍋を売りにしたイベント列車「闇鍋獅子鍋列車」を運行している。「獅子」とはライオンのことであるが、担当者が牡丹肉の元である「イノシシ」の「しし」から取ったところ、変換ミスでこうなってしまったのである。

関連項目[編集]

ぼたん鍋はあまりしないことが進められている。マネするとこうなるからである。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事「ぼたん鍋」立派なクソですが、もっとクソにして下さる協力者を求めています。