まとも

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
から転送)
移動先: 案内検索
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「」の項目を執筆しています。

は、どちらも五十音においてま行にある仮名である。

どこかのしょっちゅう寄付を募るわりにサーバ容量に余裕のあるサイトではそれぞれを一記事として作成するという無駄遣いをしているが、環境に優しくエコ精神溢れるアンサイクロペディアではこの二つをまとめて記載することとする。

[編集]

はま行あ段の仮名。発音はmä。末の字が簡略化された結果だとされる。

「ま」が意味する言葉[編集]

会話の中で「ま」が単独の言葉として登場した場合、多くの場合はタイミングや複数の物事のあいだを指すのことを指す。について言及された場合、難読言語である空気と同様に具体的な説明はないにも関わらず、読んだり計ったりといった測量・分析が求められる。

それ以外にも語尾を伸ばして「まあ」「まあまあ」など、語勢を弱めたり、人をなだめるような際に使用される。言われた場合は周りからだいぶヒートアップしているように見られているため、深呼吸して落ち着くのが良い。

また、マガキやマダラなど、美味しい魚介類の名前の前に付けられることも多い。[1]

[編集]

はま行お段の仮名。発音はmo̞。毛の字が簡略化して出来たとされる。

「も」が意味する言葉[編集]

一般的にもが単独で使用されることは少ない。植物だかなんだかよくわからないというものもあるが、日常会話の中で藻が話題に上がる事はほぼない。

人が死んだ際に哀悼の意を表する事をという事もあるが、現代では喪中、喪に服すといった単語や熟語で使われる事が多く、やはり一語として話題になる事は少ない。

また、社会的に死んでいるような人の事を指して喪男喪女という事があるが、こちらは基本的には触れない方が良い話題である。

「ま」と「も」について[編集]

どちらも上下の唇をくっ付けずに発音する事が出来ない音である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩ガキや銀ダラも美味しい。
  2. ^ 五十音ではよりが前に並ぶため、逆順である。たそせすしさこけくきか、が該当する。