大間々市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
みどり市から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大間々市」の項目を執筆しています。

大間々市(おおままし)は、群馬県東部に位置する市である。旧称みどり市

概要[編集]

桐生市にほど近い。2006年に大間々・笠懸・勢多東の3町村の合併によって、「みどり市」として発足したものの、一身上の都合により、現在の市名に改められた。

市名の「大間々」とは、大きな崖という意味で、渡良瀬川によって形成された河岸段丘をさしている。大間々市は東西を桐生市に挟まれており、しばしば桐生市の一部であると誤認される。

地理[編集]

群馬県の東部、渡良瀬川によってつくられた大間々扇状地の扇頂部に位置する。

大間々市街地は、瘴気溢れる魔境地帯である足尾山地から流れ出る渡良瀬川が、広大な関東平野に至る地点に位置する谷口集落を基礎としている。市街地の規模は、同じく谷口集落を基礎とする桐生市飯能市青梅市と比較すれば随分小さいが、寄居町よりは大きいといった程度である。

歴史[編集]

古くから、渡良瀬川流域の生糸や絹織物、足尾の鉱物の集散地であり、桐生とはいわば競合関係にあったが、両毛線の誘致に失敗した時点で大間々の劣勢が確定したといってよい。桐生のことを一方的に敵視しているが、桐生人からは「意地を張るな」と宥められるだけである。

観光[編集]

新大間々駅周辺は、東武鉄道によって赤城山観光の拠点として開発される予定だった。しかし、東武鉄道は「やっぱり、日光のほうが儲かりそうだな」と言い放ち、あっさり方針転換してしまう。さんざん期待させておきながら、都合が悪くなると突き放すという暴挙にでたとぶてつは全くもって罪な組織である。大間々は赤城山の観光拠点にはなり得なかったが、渡良瀬川上流部の観光拠点としてはそこそこ機能しているといえるだろう。

この項目「大間々市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)