むこうぶち

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(むこうぶち こうレートうらマージャンれつでん)は、漫画:天獅子悦也、協力:安藤満(安藤満逝去後はケネス徳田が闘牌協力)による人喰いワカメ漫画近代麻雀にて連載中。なお、ケネス徳田に変わってから、たびたび上がった際の翻数を間違えるため、そういう点でも見逃せない作品である。

概要[編集]

1980年代のバブル期から現代にかけて、「妖怪御無礼」というワカメの化身が麻雀で極悪非道の限りを尽くす漫画である。金の無いものをさらに追い込みれいぽぅし、破産させたり間接的に殺すのがこの漫画の趣旨であり、読者の醍醐味である。そのため、麻雀雑誌の中にある麻雀に関するマンガであるくせに、麻雀よりも人間ドラマに主軸を置いているこのマンガが読者の人気が高いんだから、世の中は面白い。基本的にこの漫画のスタイルは1話~数話のオムニバス形式となっており、主人公はその物語の中で御無礼される人々であって、「妖怪御無礼」自体は主人公という扱いではない、どちらかと言えば狂言回しである。 あわせて、この作品の悪影響として麻雀で上がる際に「ロン」ではなく、「御無礼」などというイタイ連中が続出している。中にはザンクやらゴミで発音しているバカも存在するが、作中ではチェックメイトの意味合いに近いのでせめて満貫以上で発音してもらいたいものである。とは言え、傀も「御無礼」と言っておきながら、喰いタンで上がったりしてる(聴牌どころか配牌を見ずに言ったこともある)し神経質に気にすることはない。高い手で上がろうがショボ手で上がろうが、どうせ相手にとっては「御無礼」以外の何者でもないのだから。

むこうぶちとは[編集]

「むこうぶち」とはヤクザの隠語の一つで、どこにも属さない腕のあるギャンブラーを意味している。つまり、こっち(ヤクザ側、胴元側)ではぶたない(うたない)、むこうでぶつ、という意味である。本作中には元むこうぶちだったじいさんや、むこうぶちを目指して旅を続けるギャンブラーなども描かれており、一応は、ギャンブル中毒者の行く末を見せるような配慮も取られている。一応は。もっとも、そんな世界観なんてものが麻雀雑誌を読むようなギャンブル中毒者に理解されるわけがない。わけがない。

時代設定[編集]

当初、いわゆるバブル景気の時代に賭け麻雀によって人生を左右される人々を描いていた本作だったが、その後、時代を経るにつれて徐々に現代へと主軸を移していく。一番古い時代の描写と思われるストーリーとして、昭和57年のホテルニュージャパンの火災を題材にした話があるかと思えば、いわゆる自己啓発セミナーや名簿業者といった平成10年以降の題材が出てくる話も存在する。そのため、確実に作中では20年程度の時間の流れが存在してはいるが、まったくそんなことはない。連載も10年を超え、もうそろそろ、むこうぶちワールド&御無礼時間が形成されてもおかしくはない、いや、形成すべき状況に突入し始めているため、読者のほうもある程度の寛容さをもってこれらの諸問題に目をつむるべきである。

登場人物[編集]

御無礼。アニメ化です
傀(カイ)
物語の中核となる人物だが、上述の通り主人公と言う扱いではない。通称「人鬼」、「暴虎」。自己紹介の際に、「人に鬼とかいて傀と読みます」というセリフが、この作品のお約束となっている。もっとも、読者からは「ワカメ」、「妖怪御無礼」で十分すぎるほど通用する。本名や素性といったものは全てが謎。常に全身黒ずくめで、見た目は若いが、安永が初めて会ったときからまったく年をとっていない。一応、顔はイケメンだが、雑踏で彼と目を合わせた子供がガチで泣いて逃げ出すほどのある種の狂気に満ちている。連載初期はむしろ年齢を重ねていたような雰囲気も漂わせていたが、巻数を重ねるごとに肌はツヤツヤ、スタイルもモデル体型へと変貌。多くの読者から、この点だけでも人間ではないと思わせるに十分なサザエさんっぷりである。確かに、ワカメではある
なお、その表情についても、ほぼゴルゴ13化しており、無表情か、もしくは薄笑いを浮かべる以外の表情を見せたことがない。しかし、見る人が見れば、顔が笑っていても怒っていることが分かるらしい。もっとも、そんなことは長い連載中たった1回だけのことだったが。なお、最近ではストーリーのマンネリ化対策としてところどころ傀が顔芸をする描写が増えている。特に極限まで人を見下した時の表情は一見の価値あり。
彼を評して「死神」・「関わったら最後病気・失職・離婚・借金・破産、最悪の場合死ぬ事もある」などと酷い言われようであるが、あながち間違ってはない。ごくたまに人助けもするが、それも結果論に過ぎない。
彼が人外であることを思わせる描写は作中にこれでもかこれでもかと存在しているが、そもそも麻雀の描写からしてすでに人外であるため、特に気にする必要はない



御無礼


リーのみです。
こっちより
こっちかも
安永萬
メインキャラクターの一人。ヒゲで小太り、常に白い背広を身に着けているため、初見ですでに暑苦しい。昔は強面のチョイ悪オヤジだったが、イ鬼に関わった結果、毒気と運をことごとく吸い取られてしまい、その結果、このマンガにおける解説者、もしくは一夜の伝説の見物人、ひどいときにはやられキャラまであてがわれるという不遇なキャラクターとなってしまった。最近ではすっかり中年のいいオッサンになっており、その分、彼を慕う若手は多い。家族までいるらしい。
傀相手に収支でプラスを続けているのは直接対峙せず常に2着狙いで場を荒らさず、逆に場を荒らす連中を排除する側に回ることで、胴元からの信頼を得ているためである。なお彼の雀風の方向性を決定づけたのは「(麻雀で)世界一を目指す理由は何か。2位ではだめなのか」という仕分け人の発言である。そんな裏方ともいえる彼の生き様を、読者も支持している。なお、傀がしゃべらない分、彼がしゃべらなければならない、ということでもある。なお、麻雀の腕は相当強いが、上述したようにとことんまで運がなく、主要な麻雀大会での優勝経験はほとんどなく準優勝どまり、さらにはたまに優勝しても大会ごと消滅してしまうなど、傀とは別に、マージャンで苦しむ人間の代表ともいえる立場にある。もちろん、他の代表はとっくの昔に誰かさんに殺されている。
なお、主要キャラの中で唯一、ちゃんと年をとっている。老化現象が始まっている。後は全員サザエさん
水原祐太
メインキャラクターの一人。第一話から登場しており、傀に出会って彼の麻雀に魅了され、会社員としての真っ当な人生を踏み外して裏街道にどっぷりとはまった男。結局、傀のようなむこうぶちを目指し全国を放浪、各地のツワモノと戦い続けてその腕前を上げつつ、人でなし度も強烈にアップさせている。
母子家庭のくせに、母親の葬式をすっぽかして、香典をタネ銭に麻雀に繰り出すわ、基本はヒモとして生活するわ、長年の相棒を一瞬で置き去りにして東京へ帰るわ、むこうぶちになるということはここまで人として大事なものを捨てなければならないのかを如実にしめしている。もっとも、彼の人徳によるものか、さほどうらまれてはいない。
あわせて、たまに東京に帰ってきたときに限って傀にやられるのもお約束であるが、傀に初めて名前を聞かれた男でもあり、実力は並々ならないものがある。ちなみに、安永は名前を聞かれていないガン無視である。
こいつも妖怪の類に取り憑かれており、その証拠にイ鬼以上に年をとらない。むしろ若返っている。初登場時、20代だったため、一応安く見積もっても現在ばりばりの30代なのであるが、どう見ても10代にしか見えない。おーい作者ー、としか言いようのない存在である。
秀の元に入り浸ってアーッに励んでいたところ傀と再会し、ついに真の妖怪となる。その際作中の人物っぽい人と会話する程度の能力に目覚め傀と互角の勝負を繰り広げるが、ケツを掘られたショックでイマジナリーフレンドと会話できるようになったとか別の意味でむこうぶちにイっちゃってるとしか思えない。
多河巧典
安永の一番弟子。眉毛が無い、パンチパーマ、漢字が書けないといった話以外では、作中において最も常識人であり、なおかつ、登場回数についてもダントツで、強者との引き合いや安永とのからみなどで、その薄い眉を見せ付けまくっている。他にも、師匠を差し置いて主要大会に優勝したり、傀と戦っても破滅まで突き進まずに投了したり、影は薄くなっても作中において確実に生き残る道を歩んでいる。結果的に元暴走族が一番常識的に見えるのがこの作品のいいところである。
漢字に関しては東西南北といった小学生レベルの漢字が書けなかったが、巻数が増すごとに着実に学力が向上している。とはいえそれでも20巻以上(作中では恐らく10年近くか)をかけて漸く前述の東西南北といった漢字が書けるかどうかと言うレベルなのでIQはブッシュ大統領を下回っている可能性が高い。漢字が書けないのに盲牌はできるのかは疑問が残るところである。
樹村潤子
通称固焼きそば。本来はOL華もかけらもない奥手そうな女性だったが、安永との付き合いで麻雀に目覚めた際、ときたま見せる「子宮で考える」と呼ばれるワケのワカラナイ戦法を駆使してオトコドモを手玉にとったことから、安永に付き添われて傀と戦うことになる。もちろん、ボコボコにやられるも、そのワケのワカラナイ戦法「すっぴん打法」を完全に自分のものにすることに成功、と同時に化粧タバコの味も覚え、ハナもカケラももあるキャラに成り上がる。多分、化け猫かなんかに憑かれた。その後の作中においても、強者との引き合いに出されたり、逆に、傀とはまったく麻雀をしないストーリーの主人公になるなど、毒のない多河を差し置いて安永門下でもっとも見所のあるキャラクターとなっている。傀に視姦されて以来、「すっぴん打法」の上を行く「すっぽんぽん打法」を安永と共に体得しようと尽力している。しかし丸裸のタイトル名は後輩と中国人に持っていかれたため、すっぽんぽん打法習得時のタイトルが裸被りすることは否めない。
鉈切初男
顔が怖い元塾講師。卓上でプロレスする異端の麻雀を武器にプロの大会を荒らし、ついに安永らが所属する団体から抜けて東北でプロレス団体を立ち上げた。東北に行く前には安永に対し昔は好きだったと打ち明けているため、卓上をベッドの上に見立てたプロレスもできることが伺える。東北では怖い顔を営業スマイルで隠しつつテレビ番組で麻雀を教えるも、ついたての向こうにある隣の卓で傀が教えていることの真逆をしながら御無礼するコントをやってのけたためその怖い顔を東北中に晒してしまうことになった。レッツ雀!
巫藍子
車椅子に乗った黒髪ロングの女ディーラー。客を殺せるほどの腕を持つカジノクィーンで、スッピンでも化粧しても使えない固焼きそばの代わりに、本作で唯一の「華」と言える存在である。牌や運気を読む特殊な才能を持ち、「傀に最も近い打ち手」を自称しているので、こいつも妖怪の類と思われるが、名前が名前なので、木彫りの人形に宿った神様・・・という可能性も捨てきれない。
江崎昭彦
いわずと知れた「チィッ!速攻!」の人。当初、悪徳不動産屋というバブル真っ盛りのキャラクターで登場、即座に傀に「御無礼」されるも、数年後、今度は密航船の船長として奇跡の復活。傀によって押し付けられた借金を完済し、再び東京へ傀に復讐するために戻ってくる。ここまではたまに見られた話だったが、しかし、麻雀の腕前もキャラの濃さも大幅にパワーアップした彼の存在を作者も気に入ったと見え、傀へのリベンジ戦において、それまでありえなかった、彼が生き残るというストーリーが展開されることになる。この段階で、傀と対等の男として、作中一番人気の座に駆け上がることになる。傀が待ち時間に変な本や新聞読んでるのに対抗してジャンクフードを食べるようになっており、安永が更年期障害で死んだら後釜としてデブキャラになる可能性が高い。
「チィ」の図
   │ │ .   l  l   /  ,  /    /  ,.ィ.  ハ ,.イ
.  l. |  !. l.  l  l.   / ./  / /, /  ,.イ、 | ∨ ′‐''て
.   i |.  l. |  l. l   / /  / 〃/  /__」 ` _,.. -z_
ヽ  i !  | l  ! l  / ./  /  / ./_,>   ,.ニ7./二._
、\ l.   !. |   l    /  /  / / />  'ー''7/´ ̄
、\丶            ,. -───-  ∠_  う     /'__ノ>/〉
 \          {i'ヘ         `く-┐    ¨j/´〃
‐-    ヽ ‐┼‐   fミf"ヽ._          _,.ヽレ1      rァ
─-  フ 匚囗   | j.__ 、 ,_二ニ=_ー-テ三" l 」∠! ,     r-
二ニ  Z ∠lヽ_   i.た。〉 `:ぞ。う ` く._ニ  | ─l.ハ∧/ヽ「`
__   ┬ノ‐┬   {} ,/        }r=;、.| ニニ二二 ̄_
-‐   _レ ヽ/    l ヽ -       f.Jリ .l ─ -- _─-
.     -‐'^'ー.   l. くr‐- 、_,      r∠ィ′‐-ニ _‐-   ̄
       /〉    l  こ二´    /「/\,_  ‐-   ̄二
        〃     !        ./ /: : : /'' ̄: :¨: :‐-. ._
/    o′     ` ー--r ' ´ /: : : :,〃: : : : : : : : : : : ;>
/ ,              ハ_>'´: : : : ノ/: : : : : : : : : : :/: : :
 /            /:| ,イヽ、: : :./ ' : : : :/: : : : : : : : : : :
/ / ,'   l   i l  /: : :|ハ:L:ハ:/: : : ; : : : : : : : : : /: : : : : :
 / /    !   | l l/; : : : : : :/:.!: : : : : : :/ : : : : : : : : : !: : : : :/
  /     l ! |. l./ i : : : : : :l:.:.|: :/ : : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : :
. /,  l   l l  ! /: :l : : : : : :|:.:.レ': ; : : : : : : : : : : : : : i:|: : : : : : :
//  l  | |  l !.: :| : : : : : :|:.:.|/: : : : !: : : : : : 、: : : l:| : : : : : :
/   l  l.   | 〉、| : : : : : :|.:.:|: : : : :r┴-─-┐:\: ヾ: /:/: :

このあと、彼はマッチョな似非キリストに変貌した。モデルは井ノ原快彦。

三橋秀俊
通称、野上の秀。上野界隈で活動していた雀ゴロ兼コソ泥。傀と勝負した回数ではメインキャラクターである安永を除いてトップである。もっとも、初回はパートナーを命の危機にさらし、2回目はツキを奪われて倉庫破りで逮捕。3回目に初めて傀の牙城に迫るも完敗を喫すと、4回目にはお役ごめんとばかりに傀のサポーター役にまわされる始末である。このキャラクターをいかに作者が気に入っているかを如実にしめしている。モデルは寺島進
十年以上経ってようやく再登場すると最後に宣言した通り雀荘の御意見番となっていたが、やっぱりホモであることが判明。雀荘のマスターのヒモになってアーッな関係を結んでおり女物の服でやってきた水原祐太ともアーッした。安永のことも恋しく思っており、肉欲のままに生きている。ちなみにコソ泥はまだやっていた。
及川勝依
傀のおっかけであるおじいちゃん。そのつぶらな瞳と傀にたいする純真さやその仕草から、作中における女キャラよりもはっきり言って可愛い。もっとも、第二次世界大戦後から日本の裏世界で活動しており、現在ではいわゆる政界の大物フィクサーと呼ばれる立場にまで成り上がっている・・・わりに、幕下以下の相撲取りや和菓子職人といった人々との知己も大切にするなど、そのカリスマ性とのギャップの大きさも密かな人気である。
日蔭
氷の男(元)。賭け麻雀で生活しているオトコ。計算力が非常に高く確率を信条に速攻スタイルを貫くが、単なる鳴きマージャンではなくリーチや裏ドラも駆使し打点も高い。初期はクールキャラだったが、傀に初手でれいぽぅされると、やっぱりツキを吸い取られ、所持金を置いていたホテルが火災になると一気に人間味のあふれるキャラクターに昇華する。火事がトラウマになったようだが、元ネタのホテル火災で多数の死者が出ていることを考えると傀と打って命拾いした彼はツイている。その後は全財産をスーツケースに入れて持ち歩くという計算するまでもなく危険な行為に出るようになり、日本全国を賭け麻雀をしながら流れ暮らしている。どこかの会長みたくリスクの分散ぐらいしろよ。スーツケースの中身は一定せず、本編では札束を直接入れていたが、江崎が主役のスピンオフではスーツケースの中にはその日の麻雀で稼いだ金を入れた封筒がぎっしり詰まっていてそこに横から押し込んで入れるという几帳面なのかそうでないのかわからない面を見せている。
その後、傀と再戦するもやはりボコボコにやられるが、ちゃんと引き際を誤まらなかったため、その後も作中のメインキャラクターとの絡みで何回も登場することになる。そのため、安永の弟子の試金石として大変に重要な役割を担っている。なお、彼も徐々に年をとってきているのかしわが増えた描写がある。
後堂
2010年初頭に珍しくイ鬼の足元にまで迫った倉庫会社社長の有能秘書。当初は傍観者として卓の傍に立っているだけだったが、その有能さをイ鬼に見咎められたのが運のつき、結局、無理やりに麻雀に参加させられた上、イ鬼のせいで会社をクビになって、さらに退職金5千万円を10分の1以下に減らした結果、「あんなブサイク」とまで言われてしまうほど顔つきが変わった悲しい人。ただし、引き際を誤まらない判断力とイ鬼ですら人生を破滅させるまで追い込めなかったその実力に、劉&江崎の人でなしコンビも着目。華僑の会社で秘書をさせてみては、などというお誘いの言葉まで出る。もちろん、人でなし側へのお誘いである。あわせて、どう考えてもうしろの百太郎が元ネタである。江崎の事が気に喰わないらしいが、どう見ても同属嫌悪です、ありがとうございました。イ鬼との勝負中には江崎がいなくても彼の顔が頭に浮かんで離れないというツンデレ。なにげにバツイチで娘が一人いて、普段は別居しているがわりと好かれてるらしい。
須賀
傀にエサとして泳がされている元法大生。実はホモサピエンスではなく新人類という新たな人種らしいが、会社に入るより割の良いバイトで稼ぐ方が賢い、麻雀で稼いで生きていけるようになりたいなどとのたまっておりただの世の中ナメ郎にしか見えない。
勇者石川さん
伝説の装備勝利のネクタイを手に入れるため、賢者の高岡と道化の浩二を引き連れて卓の上で魔王傀を相手に戦い続ける波平頭の勇者。卓の上で勇者と肩を並べるのは畏れ多いため、賢者と道化は勇者の脇に付いているだけで卓に着くことはない。
アルミの削正において0.04ミリメートルの誤差を見抜く類稀な眼力を持っており、傀のワカメが実は養殖であり弱点の天然属性であれば即死技の御無礼ストームを無効化して勝てることを突き止めた。傀にとって弱点を見抜かれることは想定外らしく、勇者の攻撃を食らってしまった傀は!を出した後真顔になった上に、勝ち金は回収したからあとは金額じゃないと見苦しい言い訳をし、本気の勝負で二度も勝ち越しを許す羽目になっている。卓上では負けているのでどちらも涙目になって帰っているが、直接対決での収支で傀を上回ったことからポッと出でありながら作中最強クラスに上り詰めている。

傀に破滅させられた人達[編集]

小暮社長
闇金に手を出して、高レート麻雀で返そうとしたら同卓したのが傀だったという不運な犠牲者第1号。まあ、傀がいなかったとしても一晩で500万増やすほど大勝ちして命拾いできたような人なのかといえばかなり怪しい気もするが。傀に借金を申し込むも「だが断る!」と一蹴され、最後の華としてウルトラCをキめて魅せた後カラスにつつき殺された。
佐野さん
元むこうぶち。家庭と言う名の逃避を選んでしまった為、勝負運がなくなった人。無尽・手形乱発などありとあらゆる金策に走ったが、結局傀にとどめを刺された。打ち筋を見る限り特に凄腕だとも思えないのだが、それで麻雀で生計が立ったというのだから昔はよっぽどの剛運がついていたに違いない。あまりにも悲惨すぎる最期のため、逆に人気は高い。まあ、この人は傀に会わなかったとしてもせいぜい寿命がちょっと延びただけでどの道死んだだろうけど。
「わかりませんか?使い切ったのはあなたの人生の残額です」と言われたが、生命保険だけは残っていた。
最初に江崎をハメた人物。その後、舞い戻ってきた江崎を再びハメるつもりが、いつのまにか自分が傀、江崎、さらにはそれまで長年の相棒だと思われていた華僑の大物、劉の獲物にもなってしまい、最終的に溺死した人。「うりゅりゅ劉サン!廻銭を回してもらえませんか!」と、けっこうな笑いを取ってまで借りた金を、傀たちの御無礼波状攻撃で全部溶かし、めでたく復活した江崎の変わりに傀の犠牲になった。なお、彼をハメる際に、最後まで動こうとしなかった劉に対して、作中で唯一、傀が麻雀で感情を表している。それを読み取った劉もすごいといえばすごいけれど。
森江
それまでの高レート麻雀の常識を覆すチップ制麻雀を考え出し、客の減少に悩む高レートの賭場に新風を巻き込んだ男。どこからどう見てもホリエモン。現実と同じく、新しい制度の先頭でブイブイ言わせていたが、傀によって瞬時に制度の弱点を解析され、ノガミの秀のアシストもあったことから、一夜にして破綻。「うひょひょー」。ライブドアショックの直後に書かれただけあって、皮肉の度合いがハンパではなかった回である。
勝田教導
傀のおかげでマイナス千円の紙幣の肖像画になった男。後にマイナス一万円の紙幣の肖像画にもなり、現在はマイナス十万円以上の紙幣の肖像画になっていると思われる。

傀の魔の手を逃れた人々[編集]

水曜どうでしょう
親のスネをかじって生活している雀荘の主人「藤村」が作った傀への借金30万円をなんとか回収してくる間、従業員であり大学麻雀選手権チャンピオンでもある「鈴井」が傀の足止めを慣行。その姿を大学の後輩である「大泉」と同じく後輩である女子大生の「小松」が観戦するストーリー。チョイ役に「安田」「嬉野」まで出てくるありがたさ。結局、普段とは違う、勝負とは関係ない時間稼ぎのために行われる麻雀で傀も苦戦。しかし、なんと藤村、親からの金策に失敗、のこのこと戻ってきた直後に傀がまくって終了。借金30万円は鈴井が立て替える。そして、作中で唯一、傀に向かって出入り禁止を言いつける。傀に精神的にレイプされずに反撃した数少ない回の一つである。その後、小松と鈴井が交際することになるという、作者がいかにどうでしょうをスキかがよくわかる話である。
山下
関東最強の麻雀の腕を持つといわれるヤクザ。傀の強さと自分の実力の差を理解しており、都合2度の対戦も破滅することなく乗り切った。分かりやすく言うと、ヤクザの中の安永。すなわち、傀のうつ傍で、いかにして2位を勝ち取るかを主体にしたという現実路線に早々と気づいた点でも、その実力は大したものである。
謎の公務員
特殊な公務員を自称し、要人の護衛を務めたりする男。しかし任務でなければ麻雀を打てないので卓上では護衛できない。傀を及川から受けた任務で麻雀をしているエージェントと認識しており、いつものようにエサを食い散らかす傀を見てそれが傀が受けた任務なんだと把握するなどかなり価値観がズレている。
橋場繁
垂れ目すぎる元雀ゴロのリーマン。コネ入社の為常識がなく、ヤクザと麻雀をして倒れた父親に労災が降りなかったと難癖をつけている。麻雀で会社の金を横領するのが得意技で、横領した金で傀に勝負を挑んで件のヤクザの代打ちになって横領しようと目論んでいたのだが、途中調子に乗ってしまい傀に敗れてリーマンに戻る。

麻雀[編集]

基本的に80年代~90年代のルールに基づいた通常の麻雀勝負が多い。しかし、中には中国麻雀(あくまで役や計算などは日本麻雀に基づく)や、アンヘル麻雀(マンガ独自の麻雀。特殊ルールとして上がった際に掛け金×翻数の金額を得られる)など少し特殊なルールのものを扱うこともある。もちろん、イカサマや特殊な状況(湿気で牌がくっつく、一酸化炭素中毒寸前、火事の中など)などの描写も多くあり、読む人間をまったく飽きさせない。

その分、人外がより人外になっていくけれど

実は[編集]

この作品は、当初、水原祐太の成長をメインとして企画されていた。しかし、作品が雑誌に載る直前、安藤満氏の前の協力者に盗作の疑いが発覚。急遽、傀を中心とした人間ドラマへと路線変更した、といわれている。ま、そのほうが確実に面白いので、特に問題はない。なお、作品連載中に死去した安藤満氏は、実はガンとの闘病中でありながら、急遽関わることになった今作への協力を惜しまなかった。そういう現実の話でも人間ドラマとして奥深いことも一つの特徴である。今現在も、氏は亜空間でこの作品を見守っているため、作者および協力者ともども、生半可なストーリーでお茶を濁すことのできない作品である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「むこうぶち」の項目を執筆しています。


Kai.png
御無礼
スタブです。 (Portal:スタブ)